「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

よろしくないのは、「怒っていない」と言いながら、殴る(陰口、意地悪、復讐を考える、裁きを望むも含む)こと。

「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないです。

感情X → 殴りたい → 殴る

大事なのは、「殴る」ではなく「感情X」。

これが習得できないと、殴る(遠回しな手段を含む)か、感情Xを殺すか、どちらかをしてしまいます。

「怒ることは悪いことだ」と信じている人は、攻撃的ですよ。直接殴らないですが、愛はないく。親切しながら、攻撃的がつのります。「こんなに譲歩してやっているのに」と。それが「憎しみ」というものね。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

それができればセラピストいらんか。でも、人生の転機には、時に、人ってそれをやるんですよね。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

体験談・事例
人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、 笑顔を抑えないように心掛けるのよ。 いつも誰にでも笑顔の人 …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …