「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

よろしくないのは、「怒っていない」と言いながら、殴る(陰口、意地悪、復讐を考える、裁きを望むも含む)こと。

「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないです。

感情X → 殴りたい → 殴る

大事なのは、「殴る」ではなく「感情X」。

これが習得できないと、殴る(遠回しな手段を含む)か、感情Xを殺すか、どちらかをしてしまいます。

「怒ることは悪いことだ」と信じている人は、攻撃的ですよ。直接殴らないですが、愛はない。親切しながら、攻撃的がつのります。「こんなに譲歩してやっているのに」と。それが「憎しみ」というものね。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

それができればセラピストいらんか。でも、人生の転機には、時に、人ってこの実践に挑戦するるんですよね。

関連記事

  1. 説教とセラピー

  2. 「無理せずに頑張る」とは、どういうことか?

  3. こわくて動けないときの、シンプルな対処法

  4. 不安への対処法7ステップ

  5. 「変わりたくない」のではなくて「矯正されたくない」のだ

  6. 【ラジオ音声】不真面目な生き方「エコメンタル」

  7. 叱咤激励の是非

  8. 強い不安の応急対処