「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

心のトラブル対処法

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

よろしくないのは、「怒っていない」と言いながら、殴る(陰口、意地悪、復讐を考える、裁きを望むも含む)こと。

「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないです。

感情X → 殴りたい → 殴る

大事なのは、「殴る」ではなく「感情X」。

これが習得できないと、殴る(遠回しな手段を含む)か、感情Xを殺すか、どちらかをしてしまいます。

「怒ることは悪いことだ」と信じている人は、攻撃的ですよ。直接殴らないですが、愛はない。親切しながら、攻撃的がつのります。「こんなに譲歩してやっているのに」と。それが「憎しみ」というものね。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

それができればセラピストいらんか。でも、人生の転機には、時に、人ってこの実践に挑戦するるんですよね。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心のトラブル対処法
日常の中の先延ばし(行動制止)のゴースト

「光熱費の振込みを先延ばししてしまう」というような行動制止。発生してしまった費用だから、いずれは払う …

心のトラブル対処法
依存と安全基地の見分け方

悪い意味での依存と、良い意味での依存とはどのように違うのでしょうか? 癒してくれるホステスやホストさ …

心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …