「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

よろしくないのは、「怒っていない」と言いながら、殴る(陰口、意地悪、復讐を考える、裁きを望むも含む)こと。

「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないです。

感情X → 殴りたい → 殴る

大事なのは、「殴る」ではなく「感情X」。

これが習得できないと、殴る(遠回しな手段を含む)か、感情Xを殺すか、どちらかをしてしまいます。

「怒ることは悪いことだ」と信じている人は、攻撃的ですよ。直接殴らないですが、愛はない。親切しながら、攻撃的がつのります。「こんなに譲歩してやっているのに」と。それが「憎しみ」というものね。

「殴るべからず」 そして、「殴りたくなる感情を大切にせよ」

それができればセラピストいらんか。でも、人生の転機には、時に、人ってこの実践に挑戦するるんですよね。

(前略)こうした感情の体験を避けることが、結局はその感情をさらに増幅してしまい、ますます避けたくなるものにさせてしまうということです。つまりこれは悪循環になってしまうのです。

『プロカウンセラーの共感の技術』杉原保史

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -