いざとなると度胸のある不安症

不安症の人が必ずしも気が弱いとは限りません。

いつも心配ばかりしている人が、いざというときに落ち着いていたりします。

それはセンサーが過敏な人に似ています。

震度1未満の揺れがちょくちょくあったとして、過敏な人はそれに気がつきます。ですからいつも心配です。

気が弱いと思われています。

あるとき震度5の揺れがきます。多くの人たちがパニックになりますが、過敏な人は比較的落ち着いて対処します。

緊張や覚醒はしますが、揺れを恐がる自分に慣れているからです。

不安症の人を脅しても、言うこと聞かないことがあります。恐いことに慣れているので、恐がりながら冷静な判断をします。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -