怖れの壁を前にして、愛のかけらが零れ出る

大人のための心理セラピーにて

それは子供の頃の自分を救いにいくものと喩えることができます。

Kojunの心理セラピーで行うインナーチャイルドのワークは、それが具体的な形で表現されることがあります。

つまり、目の前に「子供の頃の自分」がいることを想像してもらい、その子を救います。

準備ができていない状態では、クライアントは「そんなことはできません」と言います。

とくに抑圧が強い場合は、「へ?」とか「どうすればいいんですか?」と言います。

救うことができない、その子を見捨ててしまうのです。

それはかつて自分がされてきたことと同じでしょう。

子供の頃の自分がされていたことを、今は自分自身が自分自身に対して続けているのです。それがワークの場面に如実に表現されます。

「へ?」と言うクライアントは、子供の頃に助けてくれるはずの人から「へ?」という感じで見捨てられたのかもしれません。

「どうすればいいんですか?」は、どうすればいいかわからない親に育てられたのかもしれません。

「この子は苦しんだままでいいのです」と言うクライアントは、苦しんだまま放置されたのかもしれません。

まあ、そこまで一致してないかもしれませんが、とにかく「助けられなかった」から「自分を助けない」のです。

「助けられない」という世界に適応してしまっているとも言えるでしょう。

「愛されない」なども同様です。どのような言葉が適切であるかは人によって様々だと思います。

適応して生き延びた人にとって、自分を救うことはとても恐ろしいことなのです。

Kojunの心理セラピーでは、インナーチャイルドのワークは最後に行うことが多いです。

その前に不可能を可能にしておく必要があるからです。

この例の「助けられなかった自分」のようなものをKojunは置き去りにされたもの(the left behind)と呼んでいます。矯正的アプローチが変えようとする中核信念よりも奥にあるものです。

かけらが零れ出てくる

インナーチャイルドのワークに限らず、自分を救うことができない状態というのはよくあります。

自分に見捨てられているから。

そこで、抑圧された感情に代表されるような何かを解放してゆくわけです。

簡単なケースだと抑圧を解くだけですが、愛が関与する場合は、「我慢するのをやめる」みたいなリラックスもどきは通用しません。

それでもクライアントは手掛かり足掛かりを探してもがきます。

そんなとき、些細なことを思い出すことがあります。「近所のおばちゃんが可愛がってくれた」とか、「迷子のときにおっちゃんが助けてくれた」とか。

小さな愛をもらった体験が思い出されます。

それは親代わりに育ててくれたというほど大袈裟なものではなく、なーんとなくでさりげないものだったりします。

「それを貰ったから私は大丈夫」とか言うほどの立派なものではありません。ですから、「かけら」と呼んでいます。

それがポケットから零れ出るように、思い出されたとき、クライアントは手掛かり足掛かりを得たように暗闇を破ります。

広義トラウマとはあまり関係なく、愛着安定化というほどでもない、そのかけらが不可能を可能にしてしまいます。

あなたのインナーチャイルドが無言だとしたら、かけらを握りしめているかもしれません。本人もなぜだか知らずに、それを無言で守っているのかもしれません。

参考リンク

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -