社交不安・対人不安が解消した人たち

社交不安について、一般的な専門的解説は次のようになっているそうです。

「不安は必要なものであり、なくすことは困難。よって、不安と適切に付き合ってゆくことが治療目標である」

深層心理のセラピーをしている私からは、なんだかニュアンスが違うように思います。

最近は「with 〇〇」が流行っていますので、「with 対人不安」もなんだかもっともらしく聞こえます。

ただし、器質的な(脳の個性としての)全般性不安がベースにある場合は、「適切に不安と付き合う」ことが中心課題となるかもしれません。偏桃体(感情に関わる脳の部位)に不安気質の要因があるとする研究もあるようです。

私の実感では次のような感じです。まあ、それらは社交不安ではないのだとか言われちゃうのかもしれませんが。

社交不安・対人不安の問題は、特定の刺激や場面に対して過剰に不安反応が出ることである。そして、それは解消できないから付き合ってゆくというよりも、解消することがあります(解消した人たちはいます)。とくにあがり症みたいなのは、解消する可能性が高いと思います。

なにが言いたいかというと、一般的な解説を読んで「私の社交不安は解消しないんだ」と諦める必要はないかもしれませんよということです。

ただ、心理セラピーのなかで「こわくない」ではなく「こわくてもよい」が自己との対話に必要となることが多いです。

ですので、不安は否定せずに受け入れるというのは、方法として間違いではないと思います。

また、「対人不安はなくさなくてよいのですよ」というパラドックス手法も使います。

結果として、その悩みの解決は、対人的に不安にならなくなる場合と、不安になることを気にしないようにまる(「また緊張しちゃった、あはは」)場合があります。

それらのプロセスを症状の観点から観察していると、「不安と適切に付き合ってゆくことを覚えた」ように見えるのではないかと思います。

ですが、実際には心因が解決していると思います。職場で人とすれ違うだけで逃げ出したくなるくらいの辛い毎日だった人が、その辛さを思い出せないくらい変化するのを見ると、とてもじゃないけど「適切に不安と付き合うようになった」という表現は、浅層心理セラピーの様子を表しているのだと思います。

適切に不安と付き合うことは「治療目標」というよりは「治療手段」という印象をもっています。

※ここでは「治療」という言葉は医療行為を意味しません。効果のある支援という広い意味です。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -