背中を押されて起きることは、人によって異なる

多様性・SOGIE

背中を押されること、元気に振る舞えと言われること、それが役に立つかどうかは、人によって事情が違います。

腕力を使われた経験がある人と、ない人では、「押されないこと」の大切さが違うかもしれません。

自分にとってよいことが、他の人にとって同じとは限らない。それは、その人の何かがダメだからで、それを直すのが育成だという人材トレーナーに会ったことがあります。ですが、それには時代がNOと言っています。

押した方がよい人も、引いた方がよい人も、見せた方がよい人も、いろいろいる。

しかし、自分がなぜそうなったかを人に語ることには弊害があります。語るほどに、人生の可能性を失うということもあります。

一時的には必用な場合があります。誰かが語る必要もあるかもせれません。しかし、ご注意ください。

背中を押すこと。それがもたらすものは、押される人によって違います。事情が違うのです。なぜそうなったかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。

I am dreaming about the world.

多様性・SOGIE
「男らしさ」「女らしさ」はないほうがいいのか

「男らしさ」「女らしさ」のようなものをなくすべきだという論調もあるようですが、はたしてそなのか? 人 …

多様性・SOGIE
トランスジェンダー女性が男っぽい?!

よくトランスジェンダー女性について、「あれは女らしくないから、トランスジェンダーではない」という批判 …

Who is Kojun?
声なき声

この世がどんな葛藤に満ちているか、この世はどうなろうとしているのか、それは心理学以上にセラピストにと …