心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要

Points of You

心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと?

こんなような話をよく聞きます。

  • (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。
  • (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。

心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要。


「自己開示しなさい」「感情に触れなさい」「心を開きなさい」というと言う人は、人をコントロールしようとしている状態なので、そのような人の前で心が閉じるのも正常な反応とも言えます。なぜなら、心を開いたらコントロールされる可能性が高いからです。(なぜそんなことが起きるのかについては、セッショニスト向けの講座で扱います)

※セラピーの流派・流儀によっては、善意であれば洗脳(本人の意思に関係なく心を操作する)と同じことをしてもよいと教えているところもあるそうですが、通常のセラピストは本人が望まないことは善意であってもしません。

家のドアを外からこじ開けようとする人に対しては、ドアは開けないですよね。

ですので、冒頭の「心が閉じていると言われた」というケースは、閉じてよかったのかもしれません。必ずしもそのワークショップのせいではないかもしれないのですが、心が閉じるには閉じるなりの理由があると思うのがよいでしょう。(他にどんな理由があるかはPoints of You 実践講座にて)

心を開かなければ得られない成果というものはあります。しかし、心を閉じることも必要な機能かと思います。

「Don’t think. Feel!」は必要ですが、それを命令する人の前ではfeelしない方がいいかもしれません。

結論としては、「心を開け」と強制する人の前で心が開かないのは正常。心が閉じてしまったら、こじ開けようとする人ではなく、開けても大丈夫な人を探しましょう。

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

心理セラピー関連
「治ればよいというものではない」という感覚

厳密に定義されたものではないですが、心の問題解決には2分野あると思ってみてください。 一つはアンイン …