心のトラブル対処法

悪い意味での依存と、良い意味での依存とはどのように違うのでしょうか?

癒してくれるホステスやホストさん、風俗キャストさんに会いに通うのは、心理セラピストとしてお勧めできるか、お勧めできないか? カウンセリングに通うと楽になるけど、通い続けてよいのか? パートナーに甘えるのは? ときどき相談されます。何が起きているか私が現場を観察できないので、判断のヒントを提供することになります。

悪い意味での依存といえば、共依存や依存症などのように呼ばれるものがありす。良い意味での依存といえば、外なる安全基地、人に頼る勇気(弱い自分への怖れの克服)みたいなものがあるでしょう。

深刻な(時間のがかる)心理的問題を克服してゆくうえで、とくに重要となるのが「外なる安全基地」です。

根拠のない「なんとかなるさ」的なもの、「基本的安心感」などと呼ばれるものは、愛着安定の特徴で、幼児期に親などからもらう安心感です。それを与えてくれた親などと遠く離れても、死別しても、それが残り続けたものを「内なる安全基地」と呼んでいます。それが不足しているのが愛着不安定(愛着障害など)で、心理セラピーでは「内なる安全基地」を溜めるワークをしたりします。

一方で「外なる安全基地」とは、今を生きるうえで、情緒的な支えとなり、「内なる安全基地」を補強してゆく人間関係のことです。大人の愛着関係とでもいいましょうか。心理カウンセリングの中で「いい友達や仲間をみつける練習をしましょう」と言うことがあるのはそれです。

「外なる安全基地」が「内なる安全基地」をつくってくれるとも言えます。それを直接的にがっつり始動させるのが、有料の心理セラピー。それを(多くの場合)無償で関わって加速してくれるのが人間関係修復です。

心理セラピストも時間をかけて関わる場合、「外なる安全基地」と言えるでしょう。

さて、「ある人に会いに行くと楽になる」というのは、外なる安全基地か? 接客サービスや風俗はNGで、カウンセリングはOK? うーん、概ねそうかもしれませんが、なんか雑な感じがします。金銭的なリスク、依存性のリスクからはそうですね。「一般的にはそうかもしれません。でも、あのホステスさんはホントに私を癒してくれます。今の私には必要なのではないかと思います」なんていうのは、その感覚以上に説得力ある判断ヒントを提供したいところですね。

私の答えはこうです。その人物に通う頻度が増えていくなら(悪い意味での)依存、だんだん通わなくてよくなるなら外なる安全基地でしょう。

「外なる安全基地」は「冒険」とセットです。安全基地があるおかげで冒険ができるのです。子供は逃げ帰る親や家があるから、外へチャレンジできます。

安全基地の後ろ盾ありの冒険を体験すると、安全基地に逃げ帰らなくても回復できることが起こりはじめます。外なる安全基地はあるけど、使わない。やがて、外なる安全基地がなくても冒険できるようになつまてきます。これが外なる安全基地が内なる安全基地をつくるという現象です。

その効果、機能をはたさないなら、それは回復プロセスの「外なる安全基地」ではありません。冒険のないところに安全基地はないのです。

ただあまり機械的に判断しないでください。真意を見つめることが前提です。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心理セラピー・心理相談
心理療法における「エビデンス」という言葉

「エビデンスのある心理療法」というような言葉があります。エビデンスというのは効果があると研究で証明さ …

心理セラピー・心理相談
カウンセリング等の「行動」のサポートの違い

カウンセリングやコーチングなどの対人支援での「行動」の支援について違いをみてみましょう。 来談者(ク …

心理セラピー・心理相談
心理セラピーの、説明するか、説明しないか

心理セラピー(心理療法)をやっていると、「あのとき、相談者(クライアント)に起きていることを説明して …