回復の中で出会う抑うつ

心の成長を伴う回復プロセスの中で、抑うつが起きることがあります。それは、成長に対する抵抗のようなもので、行動や挑戦にブレーキをかけようとします。

そして、ブレーキの表れとして、体調が悪くなったりすることもあります。

周囲や関係者に言い訳が必要となりそうなときに、防衛反応として体調が崩れたりします。

抑うつを認めると、体調が悪くなる必要が減ります。

カウンセリングに通ったりして、「苦しくなりました(抑うつになりました)」と言えるようになると、「体調崩しました」とならなくてすむようになったりします。

そして、その抑うつが発生するのは、何かに挑戦しようとしたからかもしれません。

ですので、回復や復帰に向けて挑戦し始めたときに、抑うつになったり、体調崩したりします。

それはダメ人間だからというよりは、挑戦しているからかもしれないのです。自分を責めてる場合ではなく、自分を赦して応援するタイミングかもしれません。

体験談・事例
赦しが引き起こすシャットダウン再起動

心の成長を伴う回復プロセスの中で起きるもうひとつのこと。赦しや安心のプロセスが進んだときに、瞬間的に …

体験談・事例
あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。 …

体験談・事例
性トラウマの克服のビフォー/アフター

トランスジェンダーの苦労話というと、差別されることを思い浮かべるかもしれませんが、けっこうあるのがセ …