こわがらないと、こわくなる

こわがらないと、こわくなります。

例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。

言い返してしまう(相手を批判してしまう)のは、自分が恐さををもったからです。そして、その恐さを隠そうとするからです。

言い返して、トラブルになったとしたら、それは、恐がったからトラブったのではありません。恐いのを隠すために、相手を批判したから、トラブルになったのです。

そもそも恐くなければ、言い返したくもなりません。しかし、「恐くない」のと、「恐いのを隠している」のとでは明確に行動や反応に違いが表れます。そかし、本人にはその区別がつかないことが多いのです。自分自身に対して隠しているからです。

恐くても、それを自分に対して隠さなかった場合は、言い返したくなる自分を扱うことができます。言い返してしまっても、その後の対応ができます。慣れてくると、言い返す必要がなくなってきたりもします。そして、あまり恐がらなくなってもきます。

恐さをゆるせば、トラブルを引きづったり拡大したりしにくくなります。恐さをゆるせば、恐さは最小化されます。

恐さを否定すれば、恐さの上に、恐さがバレる怖れが加わり、影からあなたを操ります。自分が恐さゆえに言い返しているということも分からないまま、状況を悪くする言動を続けます。これを私は「心の闇」と呼びます。

自分に心の闇があることを認めると、それは最小化されます。自分に心の闇があることを認めることを怖れると、闇は深まり、あなたを操ります。

自分と向き合うことが、あらゆることの解決の鍵になります。

具体的な悩みがあるとき、それはレッスンのチャンスです。講座や心理コンサルティングへお持ちください。

 

関連記事

  1. 「無意識」という言葉は理解されていない

  2. 痛みという能力のこと

  3. 心の闇を解くために、灯りを消しましょう

  4. アドバイスされるのが苦手?

  5. 「アダルトチルドレン」「トラウマ」などの言葉

  6. 売り込みを断れない人の心理

  7. 人は「困難」という言葉をおそれます。

  8. 「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問