泣いてる人を見て、慰めるのはやめようよ。

Facebooktwittergoogle_plus

セラピストなどは人に「ああしろ、こうしろ」と言わない方がよいとされていますが・・・。もちろん、言いたいことを言ってみることもあります。

 

泣いてる人を見て、慰めるのはやめようよ。

泣いてる人を見たら、尊敬しようよ。

泣いてる人は、あなたが良い人になるための機会ではない。

泣いてる人は、生きているのだ。

私が悲しみを告白するとき、私の友人たちは、「ありがとう」と言います。それはもう、私の「命」になりました。

 
ワークショップや講座の中で、大切なことに触れて涙を流す人もいますよね。私主催のワークショップでは、ティッシュを差し出すとか、肩に手をのせるなどは禁止です。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。セラピストのた …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。クライアントの葛藤に立 …

体験のこと
知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。それは、言葉を知っていることと、体験を知っ …