インターネットで調べても解決しない問題

心のトラブル対処法

心の問題を解決するために調べるとして、インターネットで調べても出てこない情報というのがあります。

「知識は心の問題を解決しない」と心理療法家のある師匠は言いました。インターネットで調べる分かることなんて、ぺらぺらの知識だったりします。(統計情報などは役に立つことがあります)

とくに、インターネットで自分の悩みのついで調べて、「○○障害、当てはまるわー」みたいなことで、情報を得たと思わない方がよいです。ただラベリングの罠にはまっているだけ、ということが多いです。

体験者や関係者の生々しい声を直接聴きに行く必要があります。やらかしたこと、迷惑をかけたこと、ずるいことした、諦めたこと、など一筋縄でいかないどろどろな話を先人から聞きます。答えのないところに、どうやって答えをつくったかです。

テキストにならない情報

これは話の文脈やタイミングを図らないと伝えることができない情報です。聞き手の体験を伺って、それを前提にしないと言葉が選べないというもの。

これは体験を通さないとわからない内容と言い換えてもよいです。人に変化をもたらすのはこのような体験に結びついたインタラクティブな情報です。

当事者やその家族の生々しい話などもテキストでは伝わらないことが多いです。

ネット上に書けない情報

ネットで公開できない情報があります。例えば、社会の常識に反することや、誰かにとって都合の悪いこと、情報提供者の秘密に関わることなどは、ネット上には書かれません。

たとえば、専門家が役に立たなかったという情報も書きにくいです。個人的な悪口ではなく、ここで言うのはもっと大局的な情報です。家族の会や支援団体が大規模に活動する中でわかった「多くの医者や○○資格者が役に立たなかたこと。それはなぜか」などの重要な情報は大きな声では言えないことがあります。講演などでは「大きな声では言えませんが」と真面目な活動を続けてきた医師が医療の限界を指摘したりしています。

人間の弱さや醜さにかかわることなど、こちらが赤裸々な開示をしないと教えてもらえないこともあります。

これこそが「情報」と呼ぶにふさわしいと思います。

アクセスを集めない情報

ネット上の情報は多くの場合、アクセスを集めるために公開されています。ですので、誰かの商売に誘導できる情報、ウケのいい情報などが主になります。

たとえば、ある種の心の病については「あなたの周りの困った人」というような記事は多くありますが、その当事者の役にたつ情報は不足しています。以前「新型ウツは経済損失」という記事はよく売れましたが、当事者の役に立つ記事は売れませんでしたので、殆んどありませんでした。「厳しく指導すべきだ」といった医者の意見などはウケがよかったので掲載されていましたが、赦しの中で成果を出している施設の実態などは記事になりませんでした。

おなじテーマでも、ネット上の記事はウケいいように編集されていることを知って起きましょう。そして、なかなか解決しない悩みに必要な情報はたいたい世間のウケの悪い実践が含まれています。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …

心のトラブル対処法
無理せずに頑張るとは、どういうことか?

苦しい現状を変えるのが難しいとき、無理してるから上手くいかないなんてことがあります。心理相談のお客さ …

心のトラブル対処法
二者択一型のお悩みの「決まらない」系の解決とは?

二者択一型のお悩みというのがありますね。 やるか、やらないか。  右か、左か。 これの解決には、どち …