個人セッションはオンラインのみ、新規受付を再開します。

「人からどう思われるかがこわい」

「人からどう思われるかがこわい」

これは、多くの人を支配している。

動けない(制止)、やれない、迷う、などなどの正体がこれであることは多い。

そして、その正体のさらに正体というのがあって、そこは人それぞれ。

名前がついているものだけでも、愛着周辺(基本的安心感が育ってない)、自己肯定(見下されるという恐怖、認められないと価値がないという恐怖)、境界線(他人の意見が無条件に心の奥まで入ってくる)などなどなど

私も人からどう思われるかがこわくて何かができないことがある。一方で、どう思われようが大丈夫なこともある。つまり、人によってツボがあるのね。

人からどう思われるかがこわい感じを気づいて感じながら、それが解けていくのを感じる。

それはね、人との出会いによって準備が出来たときに起きるの。

ひとつの穴が埋まると、何をなぜ避けているのかが、熱い塊のように出てくる。

何をなぜ避けているか言わせることよりも、穴を埋めることが本質なの。

穴というのは、上記の正体の正体ね。

そして、それを見ることができて、克服してゆく。それを外在化というのだけと、独りでやらせてはいけない。

「人がどう思うかなんて気にするなよ」というアドバイスは外していることも多い。ちゃんと受け止めなきゃ。

言わせるのではなくて、言える場をつくることにしっかり時間を使う。

ましてや、なぜ避けてるかを言わせた後に、背中を押すワークが待っているなんて。穴が埋まったら、そんなものは要らない。

穴が埋まってくると、自分の半生をつくってきた大きなカラクリが解けてゆく。それはもう、とてつもない体験。

「人からどう思われるかがこわい」

それが解けると、何かの奴隷ではなくなる。ちゃんと嫌われても、生きていける

私も人からどう思われるかがこわくて何かができないことがある。一方で、どう思われようが大丈夫なこともある。つまり、人によってツボがあるのね。

人からどう思われるかがこわい感じを気づいて感じながら、それが解けていくのを感じる。

それはね、人との出会いによって準備が出来たときに起きるの。

ひとつの穴が埋まると、何をなぜ避けているのかが、熱い塊のように出てくる。

何をなぜ避けているか言わせることよりも、穴を埋めることが本質なの。

穴というのは、上記の正体の正体ね。

そして、それを見ることができて、克服してゆく。それを外在化というのだけと、独りでやらせてはいけない。

「人がどう思うかなんて気にするなよ」というアドバイスは外していることも多い。ちゃんと受け止めなきゃ。

言わせるのではなくて、言える場をつくることにしっかり時間を使う。

ましてや、なぜ避けてるかを言わせた後に、背中を押すワークが待っているなんて。穴が埋まったら、そんなものは要らない。

穴が埋まってくると、自分の半生をつくってきた大きなカラクリが解けてゆく。それはもう、とてつもない体験。

「人からどう思われるかがこわい」

それが解けると、何かの奴隷ではなくなる。ちゃんと嫌われても、生きていける。

Follow Kojun on note.