心理セラピストは心理学を捨てる

なんとかメソッドとか、なんとか心理学とか、学んだ人が、いかにそれが素晴らしいかを話しています。感情の裏に別の感情があるとか、幼少期の体験が性格をつくるとか。そんな知識は数日で学べますが。

臨床心理の勉強というものは……知るために、2、3日。知ったことから脱出するために、半年かかる。

あるトラウマ治療の第一人者は、心理専門家が「トラウマ」という言葉を使うことで悪影響があることを警戒します。

U理論の日本での第一人者は言います。「U理論はどうでもいいんですよ!(笑)」

心理セラピーの何人かの師は同じことを言いました。

「どんどん(人の心のが)見えるようになるでしょう。しかし、あなたたちの仕事はそれではありません」

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 「セラピストの言葉が呪いをかける」と戒められていること

  2. カウンセラーの「傾聴」が気持ちわるい!?…からの「共感」を捨てるトレン…

  3. 大学教授を怒らせてしまった話

  4. カウンセリングの基本は「傾聴」だそうですが

  5. 「二次利得」という言葉で人を裁かないで

  6. 「正す」と「赦す」アプローチ

  7. ある当事者からみた日本の心理業界の今昔

  8. 心理カウンセラーのトレーニング会で受ける衝撃