メンタルが落ちてるごときで、人間の存在価値はなくならない

who is Kojun

あるセラピストは「自分がメンタル落ちてるときは、引き上げてあげれない」と言ってました。

あるセラピストは「自分が幸せでないとクライアントを幸せにできない」と言っていました。

私には、その世界観はが全くないなあ。

自分が落ちていても、クライアントは得たいものを得てゆく。私のメンタルの高い低いは、全く関係ない。

どうやら、私は幸せを分け与えているわけではないらしい。

クライアントが私につられて元気になるわけではないらしい。

さすがに会話できないほどの痛みがある状態なら仕事にならないかもしれないれども。

私は上がってても、下がってても、それはどちらでも力になる。あるぐままという力かもしれない。

それをないことにしていたら、うまくいかないのではないかと思う。

メンタルが落ちているごときで、人間は不幸にはならない。メンタルが落ちてるごときで、人間の存在価値はなくならない。

大丈夫なの。

私は不幸を切り捨てたくない。

でも、クライアントに会えば、元気になってしまう。クライアントが成果を得たら、または何かが進んだら、そのことは私の幸せらしい。それだけ。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …