日常の中の先延ばし(行動制止)のゴースト

「光熱費の振込みを先延ばししてしまう」というような行動制止。発生してしまった費用だから、いずれは払うことになるのだけど、先延ばししてしまう。

心の課題が解けると、行動できるようになってくることがあります。

※資源ゴミを出せない(準備するし、朝起きてるけど、なぜか収集場所に持っていけない)等のバリエーションもあります。

そのプロセスで起きることは、何を心配しているのか分かること。

たとえば「間違って二重払いしてしまうなではないか」「支払い窓口で叱られるのではないか」「払ったらもっと請求がくるのねはないか」などなど、奇妙な感覚がみつかったりします。

そもそも心の課題、講義のトラウマが解けてこないと、何が心配か自覚できないのですが。ゴーストは見れないようになっているのです。

見えるようになったら、それをよく観る。すなわち受け容れるとよいです。

「支払い窓口で叱られるわけねーよ」ではなくて、「叱られたら嫌だね」から始めます。

ゴーストを見ているのは子供だと思えばよいかもしれません。

「叱られそうで避けている」というのをしっかり受け入れると、リスクが見え始めます。

リスクが見てると、動けるようになってきます。

支払い窓口にまず行ってみるだけのステップを思いついたり、光熱費の二重払いが起きてもなんとかなる感じがしたり、架空請求の心配先は光熱費ではなくなったりします。

よく世間は「ゴーストなんかいないよ」と言ってきます。でも必要なのは「ゴーストいるね。よく見てごらん」です。

過去に叱られたことを思い出せと言っているのではありません。そういう手法もありますが、そちらはプロと一緒でないとお勧めしません。

過去の出来事ではなくて、現在のゴーストを見るのです。すなわち、いま怯えている自分を観るのです。

それは置き去りにされし自分を見つけて保護することです。

関連記事

  1. 叱咤激励の是非

  2. 「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問

  3. 特性かトラウマか

  4. 親から子への刷り込みを心配する母親へ

  5. 「希死念慮」の扱い

  6. 「人目を気にしない」を目指すよりも

  7. カウンセリングでなにを話すの?

  8. インターネットで調べても解決しない問題