叱ることで人を変えることはできない

Facebooktwittergoogle_plus

心理セラピーで人生を支配する根本問題を扱っていると、こんなことを感じます。

叱ることで人を変えることはできない。

叱ってもらうことで変わることもできない。

※深層心理に刻まれた心理課題(広義のトラウマ)の場合です。

心理セラピーを途中で諦める人が言う共通のキーワードがあります。それは「叱られてる感じがする」です。

セラピーの中には沈黙があります。それは真っ白なスクリーンのようなもので、クライアントの心が投影されます。それを「暖かく待ってもらえている」と感じる場合もあれば、「叱られている」と感じる場合もあるのです。専門的な表現では、「クライアントは様々な心をセラピストに投影する」と言います。

そこで、セラピストが「叱っていませんよ」とアピールすることも考えられるのですが、あまり意味はないかと思います。

なぜなら、叱られたから逃げているのではなく、逃げると決めたから叱られているように感じるという順番だからです。

叱られたから逃げているのではない。

逃げると決めたから、叱られてると感じるのだ。

そんなときセラピストがどのようであるとよいかという話もあるのですが、一方で私が感じるのは、「叱って正す」という教育が根深いところでツケを残しているということです。

体罰賛成派の根拠の多くは、「自分が子供の頃にやられたから」です。

中国雑技団を観たとき、子供たちが舞台の上で失敗しながら楽しそうにやっていたのが印象的でした。

はたして・・・

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心理療法セラピー関連
思考を否定することが、感情アクセスではない

感情に気づくことは、あらゆる問題の解決のカギであり、宝の宝庫です。思考と感情は同時に使えません。感情 …