間違える怖さを克服できないなら、セラピストはできない

間違える怖さを克服できないなら、セラピストはできない。

「一度も失敗したことがない」とか、「クライアントから不満を言われたことはない」と言う人は、ちょっと恐いと思う。

たまには「あなたのせいで傷つきました」くらい言われますよ。そこで、「ちがう、私は悪くないっ」ってやってる暇はない。

あるいは、クライアントが試すこともある。「あなたのせいで傷つきました」と言ってみる。セラピストが自己防衛に走るかどうか、無意識に試す。セラピストは無意識に反応を選択する。噛みついた後のクライアントは、たいてい嬉しそう。

いくらベストプラクティスを暗記していても、どこかで真実が露呈する。

それよりも、自分を信じてみる。私は自分がダメセラピストだと証明されてしまったら、それもいいと思う。ゆるい。誰かに言われるのは嫌だけど。真実なら、それは役に立つこと。

手の汚れる仕事だと思う。

The following two tabs change content below.
Kojun
心理セラピスト広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピストの映画紹介
映画『プリズン・サークル』を観ました

仮設の映画館というサイトから映画『プリズン・サークル』観ました。刑務所の中で行われている集団療法的な …

雑談
動画 苦しみがなくなるまで幸せを待たない

The following two tabs change content below.この記事を書 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …