心理セラピーと原因論の罠

以前にも書いていますが、もう一度書いておこうと思います。

たとえば、お悩みが「やっかいな対人反応パターン」だどします。その根本原因は無意識レベルのなにか、たとえばトラウマ、恐怖症、愛着不安定などなど)です。そして、それがつくられたきっかけが、たとえば「ネグレクト」や「機能不全家族」ですね。きっかけはしばしば原体験と呼ばれます。

こんな感じです。

過去現在
やっかいな性格/反応パターン(Z)
ネグレクト/機能不全家族(X)  →  トラウマ/深層心理/中核信念(Y)

混乱している当事者の方々は、XとYを混同していることが多かったように思います。

「X→Y→Z」の矢印は因果関係を表していますが、「X→Z」のように捉えると、変えられない過去の出来事を原因と捉えてしまい、解決不可能になるのです。これが因果論の罠と呼ばれるものですね。

精神分析が過去をほじくるばかりだと批判されてきたのは、Xを突きまわしてYを扱わないケースが多かったということかもしれません。

Kojunのところでやっているような感情力動アプローチも精神分析を含みますが、仮説を見立てるのはYについてなんですね。

そしてYを解くために、Xの記憶を扱うわけです。Xを使ってYを解消するわけです。

大昔の精神分析が「煙突掃除セラピー」と呼ばれたのも、これと同じ原理だったろうと想像します。それが形骸化して広まり、過去をほじくるだけというイメージができたのでしょう。

参考ブログ記事

心理セラピーでは、変えられない過去を「原因」と呼ばない

精神分析の心理セラピーは過去をほじくる?

Follow Kojun on note.
最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。