カウンセリングで何を話すの?

心のトラブル対処法

たいていは問題を話すことができません。

「針が刺さって痛い」と言うことができずに、「となりにハリネズミ君が引っ越してきたのは間違いだ」という話をします。

「間違いだ」「正しくない」「けしからん」「バカだ」「どうしようもないね」とは言えますが、「痛い」とは言えません。

言えないから痛みを解決できないのですが、言わないことで痛みを感じないようにしています。

たとえば、DVを受けやすい人は、DVのひどさは話せても、こわいとか、かなしいとかは言えません。

クレーマに狙われやすい事業主も同様です。

カウンセリングでは、本当の問題を言えるようになります。言わない人もいます。解決したい人は言うし、解決したくない人はカウンセリングを止めます。どちらでも、その人の人生が一歩進みます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
二者択一型のお悩みの「決まらない」系の解決とは?

二者択一型のお悩みというのがありますね。 やるか、やらないか。  右か、左か。 これの解決には、どち …

心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

自分と向き合う
代理思考(怖れがつくりだす思考)

私が「怖れ」と呼んでいるものは、人が自分のネガティブ感情をないものとしようとする心理現象のことです。 …