カウンセリングで何を話すの?

心のトラブル対処法

たいていは問題を話すことができません。

「針が刺さって痛い」と言うことができずに、「となりにハリネズミ君が引っ越してきたのは間違いだ」という話をします。

「間違いだ」「正しくない」「けしからん」「バカだ」「どうしようもないね」とは言えますが、「痛い」とは言えません。

言えないから痛みを解決できないのですが、言わないことで痛みを感じないようにしています。

たとえば、DVを受けやすい人は、DVのひどさは話せても、こわいとか、かなしいとかは言えません。

クレーマに狙われやすい事業主も同様です。

カウンセリングでは、本当の問題を言えるようになります。言わない人もいます。解決したい人は言うし、解決したくない人はカウンセリングを止めます。どちらでも、その人の人生が一歩進みます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
自分と向き合う
人を評価・判断するとき、二つの問題が起きる

人を評価・判断(推測して断定したり、直すべき点を指摘すること)するとき、二つの問題が。 大きなお世話 …

心のトラブル対処法
叱咤激励の是非

叩く、罰する、叱る、と良くなるのか。叱るのがいいか、褒めるのがいいか、結論を二者択一で暗記するより、 …

心のトラブル対処法
親から子への刷り込みを心配する母親へ

親子の関係については心理相談で頻繁に表れます。子育のご相談は専門外ではありますが、よくある話として、 …