カウンセリングで何を話すの?

たいていは問題を話すことができません。

「針が刺さって痛い」と言うことができずに、「となりにハリネズミ君が引っ越してきたのは間違いだ」という話をします。

「間違いだ」「正しくない」「けしからん」「バカだ」「どうしようもないね」とは言えますが、「痛い」とは言えません。

言えないから痛みを解決できないのですが、言わないことで痛みを感じないようにしています。

たとえば、DVを受けやすい人は、DVのひどさは話せても、こわいとか、かなしいとかは言えません。

クレーマに狙われやすい事業主も同様です。

カウンセリングでは、本当の問題を言えるようになります。言わない人もいます。解決したい人は言うし、解決したくない人はカウンセリングを止めます。どちらでも、その人の人生が一歩進みます。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …