余計な同情の言葉もなく

Facebooktwittergoogle_plus

つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。

 

人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります。それを取りに行きたくなるなら、いい人と思われたいなら、まず自分の問題を解消したほうがいい。

 

私は運よく、よいセラピストに出会ってきました。余計な同情の言葉もなく、よくもまああんな嫌われるリスクまで受け入れて、最後まで信じてくださいました。

関連記事
医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会... 医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会 Mindfulness for Mind-Body Medicine に来てみました。ティクナットハン禅師の流れをくんだ御一行の来日イベントです。Google本社などでも研修してますね。 参加者の方々は、カジュアルだけど上品な身なりの印象。みなさん...
「先生」という言葉 推薦文を書いていただくと、「上野先生」という呼称が出たりします。 医師は先生という呼称が社会習慣となっているので、精神科医の方の推薦文が「上野先生」になるのは、そういう習慣によるものかと。しかし、ビジネス成功者の方までもが。 「先生」と呼ばれることを嫌がる人もいます。 それもわ...
【コラム投稿】矛盾を超えて自由自在に... (「地球を遊ぶ」通信より) Sky Dimensions Club 顧問心理セラピストの上野貢潤です。 「自由自在に地球を遊ぶ」。今回も心理面からそのヒントをお伝えしたいと思います。 「自由自在」も「遊ぶ」も、矛盾をのみこんだ先にあるようです。 矛盾を超えて、自由自在に遊びましょ...
【雑談】台北(タイペイ)のダンスクラブは子供たちがたくさん... ずっとまえですが、台湾の台北(タイペイ)に旅行したときのこと。食事したレストランで働く青年に教えてもらい、現地のクラブ(ディスコ)に潜入しました。黒服の大男がIDチェックしていました。それとは知らずにパスポートを持参していなくて、同伴の知人が中国語で交渉してくれました。 クラブで遊んでいる客の...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 雑談 パーマリンク