余計な同情の言葉もなく

Facebooktwittergoogle_plus

つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。

 

人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります。それを取りに行きたくなるなら、いい人と思われたいなら、まず自分の問題を解消したほうがいい。

 

私は運よく、よいセラピストに出会ってきました。余計な同情の言葉もなく、よくもまああんな嫌われるリスクまで受け入れて、最後まで信じてくださいました。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます... ママが子供に「ここで待ってて」と言ったら、子供が泣き出しました。「足が痛い」とか「帰りたい」とか言っています。 ママが「帰りたいの?」と訊くと激しくわめきます。どうも本当は違うようです。 「ここで待ってて」と言われて沸き出た気持ち(感情)は、なに? でも、「置いていかないでほしい」...
【雑談】NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」を視て徒然... NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」、今月はまだネットでみれます。 ⇒NHKオンデマンド 「こんなことをする人」と行動で定義されていたが、「こんなふうに感じている人」と当人の感覚で定義されるようになってきているらしいです。   この番組の内容とは直接関係ないことですが...
重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展... 「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。   絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。 この日、財布を忘れて出掛けたの...
逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。 以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 雑談 パーマリンク