人間関係に苦しむ八方美人

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、笑顔を抑えないように心掛けるのよ。

(心理セラピストKojun)

八方美人という病

「いつも誰にでも笑顔」の相談者がいます。

そんなにニコニコしていたら、さぞ人間関係は良好だろうと思われますが、お悩みはたいてい「人間関係が面倒」です。

心理カウンセラーの前でも、笑顔のままで涙を流し、笑顔のままで「わたし苦しいす」と言います。

これは「常に笑顔でいなくてはいけない」という、広義のトラウマによります。

笑顔によって人気者にはなりますが、誰からも相手にされない変な人も寄ってきます。傷ついても笑顔ですから。

「笑顔の方が人生うまくいく」とは限らないわけです。

集団の中や舞台の上では、すぐに良いポジションになります。

ですが、それは人間関係ではないのかもしれません。

逆に、笑顔になれないという心理課題の人もいます。どちらも心は自由ではありません。

生き方を変えるセラピー

心理セラピーで解消するなら、「暗い顔をしてはいけない」というような深層ルールを解除することになります。

ただ、笑顔で人を喜ばせるドライバーが刷り込まれている場合は、安易にそれを外すとウツなどになってしまいます。

解放したらどうなるか

心理課題が解決すると、こんな感じです。

笑顔をつくるのではなくて、

笑顔を抑えないようになります。

常に笑顔なのではなく、真顔からときどき弾けるような笑顔が表れます。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -