「お申込み」等の入力フォームが届かない不具合があった可能性があります。システム修正しましたので、返信が来ない等のお心当たりのある方は再送をお願いいたします。

強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。

他人に説明できないなにかがあって、心臓が潰れそうな感じがする。

批判されそうだから理由を話せないものや、言葉に出来ない漠然とした感覚のものもある。

社会的な善し悪しはともかく、そうなっているには、理由がある。怠けてるとか、甘やかされてるとかいうものでもなさそう。という場合。

いつもながら独自の切り口の私見ですが、克服のアプローチは、3つあるように思います。

1)やってみたら大丈夫になる

出来ることをやってみる。殻を破るためのセミナー、コーチング。もう少しデリケートにやるなら、行動療法・暴露法的なアプローチ。

多くのマジョリテイがこのアプローチで人生を切り開いているので、書籍や一般知人のアドバイスにも多いかと思います。

自己効力感もこれにあたると思います。

2)隠れた感情(ブレーキの正体)に触れる

行動が制止されるということは、何かを心配しているわけです。それが何なの気づくというか、ちゃんと感じるというかしてゆくと、ブレーキが外れたり、外れないまでも問題を扱えるようになったり、ということが起こります。

解放とか感情処理とかいわれます。傾聴(一般的なカウンセリング)や、精神分析的なフィードバック、占い風のツールなど、やり方もいろいろ。

ただし、むやみに暴くのではありません。私のスタイルでは、楽しめるようにします。

これは広義のトラウマとも言えるかもしれません。

3)基本的安心感を育てる

母性のセラピーや人薬というもので、知識や技法では出来ません。

エリク・エリクソンの「基本的信頼感」に相当します。いわゆる愛着、それが欠如する問題は母性剥奪とも呼ばれます。

愛着を扱えるセラピスト、コンテナーモデルのカウンセラー、部分的には自助グループなどが担っているように思います。

4)安全な失敗を獲得する

失敗してもなんとかしてもらえる後ろ盾やセーフティネットを得て、やってみる/失敗してみる体験を取り戻します。

1)は「きっとできるよ」と応援できますが、4)は「失敗してもいいからやってみな」でなければなりません。応援の仕方が真逆です。

3)の基本的安心感と似ていますが、4)はいうなれば基本的安全感のようなものです。

心理相談で「あなたは、失敗してもいいからやってみなと言われたことがありますか?」と尋ねるとポロボロ涙が溢れる人もいます。

この問題原因をKojunは父性剥奪と呼んでいます。

エリク・エリクエリクソンの「自発性・積極性」に相当しそうです。

支援者側のキーワードは、

3)ゆるし
2)共感
1)応援

4)寛容、助っ人

といったとろこでしょうか。

※順番は編集により変更する可能性があります。

※当サイトの記事には私見や独自の経験的枠組みが含まれます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

\(^o^)/
\(^o^)/

- protected -