私が尊敬するセラピストの特徴

未分類

私が尊敬する師匠セラピストは、私がクライアント(来談者)として訪れたとき、私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、それまでの先生たちが支援できなかったテーマを解決に導いたのです。

本物のセラピストというのは、心理学部や学術文献や養成所で学んだことの成果をカウンセリング室で出すのではありません。

いまここで学んで、いまここで成果を出します。

専門知識とスキルはあります。それを破れるかどうかです。その知識が本物であれば、その知識が目の前のクライアントに通用しないことも判ります。

未分類
心理療法における「エビデンス」という言葉

「エビデンスのある心理療法」というような言葉があります。エビデンスというのは効果があると研究で証明さ …

未分類
カウンセリング等の「行動」のサポートの違い

カウンセリングやコーチングなどの対人支援での「行動」の支援について違いをみてみましょう。 来談者(ク …

未分類
心理セラピーの、説明するか、説明しないか

心理セラピー(心理療法)をやっていると、「あのとき、相談者(クライアント)に起きていることを説明して …