私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、それまでの先生たちが支援できなかったテーマを解決に導いたのです。

本物のセラピストというのは、心理学部や学術文献や養成所で学んだことの成果をカウンセリング室で出すのではありません。

いまここで学んで、いまここで成果を出します。

専門知識とスキルはあります。それを破れるかどうかです。その知識が本物であれば、その知識が目の前のクライアントに通用しないことも判ります。

心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …

who is Kojun
動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それ …