ファシリテーターのコンテイン力とホールド力は別物

グループセッション・講座

セラピー的な場のファシリテーターへの指導で、参加者が感情的になった場合に「コンテインせよ」というのがあります。一般的な研修講師に求められる「ホールドせよ」と混同されているようなので、それらは全くべつのことという私の見解を述べています。

※ワークショップなどを開催するファシリテーター向けの内容です。

アカデミーのファシリテーションで「コンテインする」という言葉が使われるのですけどね。「人をコンテインする」と「場をホールドする」は似たような文脈で使われるので、混同が起きるかもしれないなあと思いました。コンテインとホールドは違うにゃ。とくに、「ホールドするために、コンテインを習得する」なんてのはお勧めできないです。

Kojun Uenoさんの投稿 2019年10月25日金曜日

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
Who is Kojun?
何もしないかもしれないワークショップ

いまの私はワークショップやセミナーに参加するのがあまり好きではありません。ときどき主催はしていますが …

グループセッション・講座
Points of You Japanカンファレンス2019報告

2019年5月18日(土)奈良春日野国際フォーラムにて。鹿で有名な奈良公園ですね。 Points o …

グループセッション・講座
講座のご案内

【受講者募集】 満席 ~基礎をしっかり~ エバンジェリスト養成講座 10/28(日) 10:00-1 …