宮廷道化師は王様のセラピストだったと思う

宮廷には宮廷道化師というのがいます。いわゆるピエロですね。

あれは王様向けのカウンセラー/セラピストだったんだと思うんですよ。しかも、傾聴スタイルではなく、直面化ありスタイルのね。

普通は家臣が王様に「ほんとは恐いんでしょ」なんて言おうものなら、首を切られてしまいます。だからだれも言えない。

ところが、道化師だと首を切られない。

それは権力システムの外にいるからなんですね。知性や権威もない。

「王様、ほんとうは恐いんじゃないですかあ?」
「なんだと。馬鹿なことをぬかすな」
「はーい、馬鹿ですからぁ♡」
「私が恐がっているだと・・・、なかなか面白いことを言うではないか・・・」
「はーい、馬鹿ですからぁ♡」

なんてことをしていたのかも。

そうすると王様の心のトラップが外れて、勇気ある撤退などが可能になったり。

なんせ、「道化師」と言うくらいですから、王国の道を変える必要があるときに必要な人材だったのかもしれません。

千の利休なんかは道化師になれなかったので、首を切られてしまいました。

シャーマンやtwo-spiritなんかも、権力システムの外にいるんじゃないかしら。

また、道化師は極度に自己一致担当だったのかもしれません。

オラクル社が社内に犬を住まわせているのも、通ずるものを勝手に感じてます。

関連記事

  1. 【雑談】唄うセラピスト

  2. 声なき声

  3. 【体験談】集団に属するのが嫌いな私

  4. 知識として知ってるか、体験として知ってるか

  5. 想いを語る、語らない

  6. 私の異性装〜ひと目を気にするために生きているのではない。

  7. 私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

  8. メンタルが落ちてるごときで、人間の存在価値はなくならない