余計な同情の言葉もなく

雑談

つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。

 

人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります。それを取りに行きたくなるなら、いい人と思われたいなら、まず自分の問題を解消したほうがいい。

 

私は運よく、よいセラピストに出会ってきました。余計な同情の言葉もなく、よくもまああんな嫌われるリスクまで受け入れて、最後まで信じてくださいました。

雑談
映画『えんとつ町のプペル』を観ました

賛否の別れている『えんとつ町のプペル』を観ました。 私はイントロのお化けが踊るシーンが好きです。 私 …

雑談
カウンセリングの基本は「傾聴」だそうですが

こんなことがありました。 ある人が「カウンセラーの人たちって上から目線で嫌いです」とSNSに書きまし …

雑談
「自己責任」の前に精神的な自立と自由を

「自己責任」という言葉に違和感をおぼえる人が多いですね。それは誰かの「私は責任負いません」を意味して …