どうやって心理的問題(トラウマなど)を解決するかを教える手法が多いです。

今私は、待つのか、導くのか、といったところの学びを大切にしています。

私は、本人(クライアント)から注文されたことしかしないというスタンスでスタートしています。この注文の合意をセラピーの専門用語では「契約」と言います。

頼んでもいないのに、深く心いじられるのは迷惑だからです。

セラピストに会いに行くのを恐がる人は、勝手に何かされる、望んでいない変化を強いられるイメージがあるのかもしれまさん。

一方で注文を待ったいたら始まらないというケースはあります。本人が言いたくても言えないこと。

なんですが、注文を待ってたら始まらないケースの中に、暗黙の注文が出ているのが見えてきました。

それはかつての師匠が「暗黙の契約」と呼んでいたものだろうと思います。

さて、暗黙の注文が聞こえるかどうか、です。

殆どのセッショニストが私に注文以外のことをしてくるということは、暗黙の注文というのは、勝手な判断とは異なるものなのだろうなと思います。

それは聞こえるまで聴きに行くのだとわかってきました。

これは私自身の変化によって聞こえるのだと思います。

たぶん、何か手法を習いにいくものではないと思います。

私の課題ね。

それは、自分を信じるという課題。

多くのセッショニストが自分の勝手な判断を信じすぎることが課題なのとは逆ね。

私の悪いところを直そうとする人たちとは別に、私を信じ続ける人がいました。

聞こえ始めました。

暗黙の声を聴くというのは、信じてもらえるということを、受け容れることでした。

それは人から私へ、私からクライアントへ。また、その逆も。

連鎖のようなものがあります。

なんかあります。

私はその中にいます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …

心理セラピー関連
心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。 クライアントの目的は、幸せとか、悩 …

心理セラピー関連
セラピーは非日常

「セラピーを日常に普及させる」という活動を知りました。 それは、専門家(知識に頼った人)ではない人が …