「自己責任」の前に精神的な自立と自由を

「自己責任」という言葉に違和感をおぼえる人が多いですね。それは誰かの「私は責任負いません」を意味してることが多いからでしょう。

自分に責任をもつとか、自分の人生に責任をもつという意味では、それは精神的な自立ということになります。心理セラピストの視点からすると、それは「精神的な自由」とも言えると思います。

「自立」というと「自己責任だぞ」とか独立採算制とか従業員を下請け事業主に変更することを連想する人も多いかと思いますが。

精神的な自立は精神的な自由とともに、「安心感」「自己肯定感」によって実現するものですのですから、それらとは順序逆転の世界観だったりします。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展

  2. 必要なことが揃うことはあまりないが、十分なことが揃うことはある

  3. 相談会イベントの後の相談員たち

  4. 現実にはあり得ない絵が、現実を表す

  5. 心理学と統計

  6. 大学時代の想い出

  7. 立ち止まること

  8. 決算期末の人の心理かしら