「行動ができない」の正体!? - 完璧主義

体験談・事例

「行動ができない」には様々な原因がありますが、その正体の一つにこんなのがあります。

行動すると成果を求められる。

成果が出てないと批判される(叱られる、がっかりされる、もっと頑張れと言われるなどなど)。

めげる。

罪悪感を感じる。

このパターンを繰り返してきた人は、「行動をしない」が最善となってしまう。

これは失敗が批判されるとチャレンジしなくなる世界と似たようなものと言えば分かり易いでしょうか。

同性パートナーシップ制度を作った人たちが、「同性婚を実現しなかった」と批判されるのも似ています。

自分一人の中でこの仕組みが出来上がっている場合、たとえば、使用済みの食器を流しに運べない。なぜなら流しに食器が溜まっているというダメな状態を作ってしまうから、というようなことが起こります。

溜まった食器を洗えない。なせなら、洗い始めると、洗い終わっていないというダメさが生じるから。

行動することは、ダメを作り出すことを含みます。

そのように行動に制止がかかるお悩みの場合、心理セラピーの現場では、自分の中に完璧主義が刷り込まれていると見立てられるうケースもあります。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …

Who is Kojun?
「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由

「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由 何かをすることではなくて、何かをしないことだから。 そ …

セラピー・カウンセリング
「死ぬな」と言うのが対人支援とは限らない

私はご本人からの依頼しか個人セッション(カウンセリング)を提供していませんが、「あの人を助けてくださ …