「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない

心理セラピー関連

対人支援業のブログやSNSには、「クライアントに大きな変化があって感動しました」という呟きが多いです。

私はそういうの、あまりないです。

私がクライアントの変化に感動したと呟かないのは、なんでかしら。

書いていただいた事例感想文や事例紹介はありますけど。

一般論として「人間ってすごいな」と書くこともあります。

「クライアントに大きな変化があって感動しました」というのはないです。

どうやら・・・

変化に表裏両面を見てるんだわ。

人が何かを克服したときに、「せつない」と言うことがあります。それはセラピーが成功したときに起こります。

何かを解決したり、望みを叶えるとき、それまで大切だったものを手放したり、自分を守ってくれていたものとのお別れと表裏だったりする。

だから、大事な変化があったときは、祝杯をあげる感じではないです。

むしろ、クライアントが祝杯ムードになるのは、ちょっと誤魔化したときです。

もう一つ、感動は現場だけのもの、ってこともある。それは、その時その場にあるもの。伝えることはできないの。

そういえば、伝えるときもあるね。たまに、ワークショップのセンターピースストーリーで伝えています。それは当事者が憑依したかのように、声を震わせたり涙を流したりしながら事例(をもとにした物語)を話すの。話すというよりも、再現するのよ。ワークショップの参加者も涙を流して聞いている。

「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない。再現することには興味がある。

クライアントはやって見せてくれた。私もやって見せることにしか興味がない。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

Who is Kojun?
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …