「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない

対人支援業のブログやSNSには、「クライアントに大きな変化があって感動しました」という呟きが多いです。

私はそういうの、あまりないです。

私がクライアントの変化に感動したと呟かないのは、なんでかしら。

書いていただいた事例感想文や事例紹介はありますけど。

一般論として「人間ってすごいな」と書くこともあります。

「クライアントに大きな変化があって感動しました」というのはないです。

どうやら・・・

変化に表裏両面を見てるんだわ。

人が何かを克服したときに、「せつない」と言うことがあります。それはセラピーが成功したときに起こります。

何かを解決したり、望みを叶えるとき、それまで大切だったものを手放したり、自分を守ってくれていたものとのお別れと表裏だったりする。

だから、大事な変化があったときは、祝杯をあげる感じではないです。

むしろ、クライアントが祝杯ムードになるのは、ちょっと誤魔化したときです。

もう一つ、感動は現場だけのもの、ってこともある。それは、その時その場にあるもの。伝えることはできないの。

そういえば、伝えるときもあるね。たまに、ワークショップのセンターピースストーリーで伝えています。それは当事者が憑依したかのように、声を震わせたり涙を流したりしながら事例(をもとにした物語)を話すの。話すというよりも、再現するのよ。ワークショップの参加者も涙を流して聞いている。

「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない。再現することには興味がある。

クライアントはやって見せてくれた。私もやって見せることにしか興味がない。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …

心理セラピー関連
心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。 クライアントの目的は、幸せとか、悩 …

心理セラピー関連
セラピーは非日常

「セラピーを日常に普及させる」という活動を知りました。 それは、専門家(知識に頼った人)ではない人が …