昔の神託や儀式は心理セラピー?

昔の神託やら儀式やらは、心理セラピーに似ていると思うことがあります。

こんなだったかもしれません。

「あなたは魔物に取り憑かれている」

(現代語訳:相手を変えようとするのではなく、自分を変えましょう。しかし、自分を責めることはありません)

「神は見ている」

(ここでは防衛反応を手放し、本当の自分に気づいたほうがよいです)

「この箱の中にその魔物が入っている。ほら暴れておる」

(自分の恐れに注意を向けましょう。意識でそれを抑えることはできないと悟ってください)

「天使のメッセージを受け取りなさい」

(いま感じたことをごまかさずに、受け入れてください。ここでは泣いてもよいです)

「ここであなたが泣いたことは人に話してはいけません。神殿で天使のお告げを聴いたと言いなさい」

(人は理解してくれないと思いますが、あんまり気にしないように)

「天使のお告げにより、餃子パーティーを開かなければならないと伝えなさい」

(村人とコミュニケーションをとり、共同作業による関係性の改善に努めてください)

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …