昔の神託や儀式は心理セラピー?

昔の神託やら儀式やらは、心理セラピーに似ていると思うことがあります。

こんなだったかもしれません。

「あなたは魔物に取り憑かれている」

(現代語訳:相手を変えようとするのではなく、自分を変えましょう。しかし、自分を責めることはありません)

「神は見ている」

(ここでは防衛反応を手放し、本当の自分に気づいたほうがよいです)

「この箱の中にその魔物が入っている。ほら暴れておる」

(自分の恐れに注意を向けましょう。意識でそれを抑えることはできないと悟ってください)

「天使のメッセージを受け取りなさい」

(いま感じたことをごまかさずに、受け入れてください。ここでは泣いてもよいです)

「ここであなたが泣いたことは人に話してはいけません。神殿で天使のお告げを聴いたと言いなさい」

(人は理解してくれないと思いますが、あんまり気にしないように)

「天使のお告げにより、餃子パーティーを開かなければならないと伝えなさい」

(村人とコミュニケーションをとり、共同作業による関係性の改善に努めてください)

関連記事

  1. 心理カウンセリングの成果は二者択一

  2. 「治ればよいというものではない」という感覚

  3. 解くのは本人です

  4. 手のなかの花

    本人中心アプローチ

  5. 「恐怖症」の心理セラピー

  6. 感情をコントロールするのではなくて

  7. トラウマ即時治療シンポジウム

  8. 支配されて生きるのも生き方。自由に手を伸ばすのも生き方。