人には承認欲求というのがあって、誰しも褒められたいと思っている、と言われています。

では、褒められると幸せになるのでしょうか。

「褒められると不安になる」「褒められるのが苦手」という人もいます。

褒めることについては、いろんな側面があるのですが、ここで1つの視点を提供してみます。

自他を大切にする褒め方、についてです。

「すごく上手いですね」
「イケメンですね」「美人ですね」
「優秀ですね」

このように褒められたとき、嬉しさとともに、かすかな緊張を感じませんか?

なぜかというと、それは承認されていながらも、その評価が奪われる心配がついてくるからです。

これらは、優劣、相対的モノサシが前提となっている、”競争的な褒め言葉”と言えます。

優秀と評価され、それに喜びを感じると、その地位を守らなくてはならなくなります。
そこに”もっと優秀な人”が現れると、自分は優秀ではなくなってしまいます。そういった事態への心構えをしたり、もっともっと優秀になろうとしたりというようなことが起きます。

競争的な褒め言葉は、喜ばせながら、苦しめるという性質があります。タイミングや人によって、ケースバイケースですが、そういう面もあるということです。

では、絶対的モノサシによる、”非競争的な褒め言葉”というのを選んでみてはいかがでしょうか。

同じ言葉でも解釈次第ではありますが、一般的にはこのような言葉が該当します。

「楽しい人ですね」
「ほっとします」
「面白いですね」

楽しい人という評価を受けたあと、そこにもっと楽しい人が現れても、自分が楽しくない人にはなりません。楽しい人がもう一人増えるだけです。これだと、緊張や駆り立ては感じにくいのではないでしょうか。

解釈次第です。「面白い」を「たくさん笑いをとれる」と解釈すると、競争になります。興味深い個性というように解釈なら、非競争ですね。

余談ですが、M男さん(マゾ性癖の人)で、嬢王様(?)に「おまえ、キモいんだよ」と言ってもらいたい人が結構いるそうです。そういえば、「キモい」は絶対的です。他にキモい人が現れても、自分がキモくなくなるわけではありません。たとえネガティブな言葉であっても、絶対的な”かまってもらう”、”気にしてもらう”が求められているのかもしれません。ネガティブな言葉は、他者との相対ではなくて、ゼロとの比較なので、基本的に絶対的です。もしかしたら、ポジティブな相対評価の世界で、「優秀な営業成績」とか「社会的地位が高い」とかの褒められ方に苦しんでいる・・・なんてこともあるかもしれません。

自分や他人を褒めるとき、あなたはどのような言葉を使っていますか?

褒められたときの緊張感など、自分の微細な気持ちに気づくようになると、自他を大切にする第一歩になります。

そんな一生ものの気づく能力は、無料のメール講座でもお伝えしています。

褒められるのが苦手などの、手放したい何かがある方は、心理コンサルティングのご案内からお問合せください。

人間関係
プレイボーイはセックスを断っても怒らない

男の子がね、「好きだよ」「大切にするよ」とか言っても、それらがすべてセックスにありつくための発言なら …

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …