どちらのセラピストが必要か

光の話。

多くの人は信じませんが、たとえば、クレーマに悩む社長が、自分が恐がったことを認めたら、次回からクレーム対応が楽になります。このプロセスは旅です。

自分のネガティブ感情を認めることは「光」、解決のカギ。

光のセラピストは言います、「感情を感じなさい。あなたはそれが出来ていないからダメなのです」と。

私にたどり着くクライアントも、セラピストから「心が閉じてる」「思考型だ」とか言われてきた人、います。

闇の話。

自分自身が旅を経験すると、いかに認めることが難しいかを体験します。講座参加者のみなさんが体験された、「いやー、正直になるって勇気がいりますね」と言うアレです。それによって闇を手に入れ、「感情を感じなさい」と言わなくなります。

光と闇のセラピストは言います、「感情を認めるのは難しいですね。でも、あなたは挑戦していますね。あなたは旅の中にいます」

闇を手に入れたセラピストは、泥んこ遊びで汚れています。光のセラピストから叱られています。

本当に幸せになるなら、闇も手に入れないと。

The following two tabs change content below.
Kojun
心理セラピスト広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー関連
心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。 そもそもシャッターとは抉じ …

お知らせ
個人セッション受付状況

個人セッションをオンラインのみ受付再開しました。お返事は遅くなる場合があります。 The follo …

心理セラピー関連
治すことより大切なことがある場合

心理セラピーというのは、病気を治すという感じではないんですよね。 私設心理相談室にには、「(解決した …