目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとね。

マインドフルネス

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとですね。
 
勝手な推測を、まるで観たことのように思い込んでいると、本当のことが観えません。

思い込みは真実を隠します。

よい推測をするためには、それが推測であることを自覚しないとですね。

 

「あの女性は網タイツで色気を演出している」

眼に見えているのは「網タイツ」。「色気を演出している」は推測。

脚の怪我を目立たなくするための網タイツかもしれません。思い込むことで、様々な可能性は観えなくなります。

 

「あいつは何も考えていない」

他人が考えているか、考えていないか、はたして観えるでしょうか。

推測することは悪ではありません。推測を観察だと思い込むことを避けたいのです。

「あいつは何も考えていないようにみえる」

おお、いいですね。推測であることを自覚しました。

そうすると、「私にとって」という前置きが観えてきます。

視野が「相手1人」から「自分と相手2人」へと拡がります。

二人の関係性というような、見えないものが観えてきます。

 
実践はPoints of You 実践講座 Just be編 「あるがままを観る」で。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

視点・本当の問題
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSPという概念を自分のラベルに使うことをあまりお勧めしてません。 その特徴をチ …

体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …