目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとね。

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとですね。
 
勝手な推測を、まるで観たことのように思い込んでいると、本当のことが観えません。

思い込みは真実を隠します。

よい推測をするためには、それが推測であることを自覚しないとですね。

 

「あの女性は網タイツで色気を演出している」

眼に見えているのは「網タイツ」。「色気を演出している」は推測。

脚の怪我を目立たなくするための網タイツかもしれません。思い込むことで、様々な可能性は観えなくなります。

 

「あいつは何も考えていない」

他人が考えているか、考えていないか、はたして観えるでしょうか。

推測することは悪ではありません。推測を観察だと思い込むことを避けたいのです。

「あいつは何も考えていないようにみえる」

おお、いいですね。推測であることを自覚しました。

そうすると、「私にとって」という前置きが観えてきます。

視野が「相手1人」から「自分と相手2人」へと拡がります。

二人の関係性というような、見えないものが観えてきます。

 
実践はPoints of You 実践講座 Just be編 「あるがままを観る」で。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

Points of You
何もしないかもしれないワークショップ

いまの私はワークショップやセミナーに参加するのがあまり好きではありません。ときどき主催はしていますが …

who is Kojun
立ち上がらない勇気

(恥ずかしがらずに、思いきって立ち上がってみよう。その小さな勇気や行動が未来を大きく変える」 そして …