目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとね。

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとですね。
 
勝手な推測を、まるで観たことのように思い込んでいると、本当のことが観えません。

思い込みは真実を隠します。

よい推測をするためには、それが推測であることを自覚しないとですね。

 

「あの女性は網タイツで色気を演出している」

眼に見えているのは「網タイツ」。「色気を演出している」は推測。

脚の怪我を目立たなくするための網タイツかもしれません。思い込むことで、様々な可能性は観えなくなります。

 

「あいつは何も考えていない」

他人が考えているか、考えていないか、はたして観えるでしょうか。

推測することは悪ではありません。推測を観察だと思い込むことを避けたいのです。

「あいつは何も考えていないようにみえる」

おお、いいですね。推測であることを自覚しました。

そうすると、「私にとって」という前置きが観えてきます。

視野が「相手1人」から「自分と相手2人」へと拡がります。

二人の関係性というような、見えないものが観えてきます。

 
実践はPoints of You 実践講座 Just be編 「あるがままを観る」で。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 「恐れ」と「怖れ」

  2. 隠れた感情に「気づく」レベルと「触れる」レベル

  3. 心の闇を解くために、灯りを消しましょう

  4. 「癒やし」なんていらない?

  5. 嘘がバレるのは、隠そうとするから

  6. 人がチャレンジから逃げるとき

  7. 2種類の「あきらめました」が人生を左右する

  8. こわがらないと、こわくなる