「コンフォートゾーン(安心領域)の外へ出るんだ」とアドバイスされると動きにくくなる

「コンフォートゾーン(安心領域)の外へ出るんだ」とアドバイスする人がいます。それを迫られて、嫌になったことがありませんか? 分かっているけど、押したり引っ張ったりされると、なおさらダメになってゆく。

一方で、アドバイスはしてこないんだけど、やってみせてくれる人がいると、その人の存在が自分の力になります。

コンフォートゾーンの外へ出るために、不安を押し殺してきた人は、他人にもその前提でアドバイスします。直接言わなくても伝わることは同じ。

コンフォートゾーンの外へ出るために、不安を受容れてきた人は、他人に共感を示します。直接示さなくても伝わることは同じ。

ある人は言います。「人がどう思うか気にしてはいけません。堂々とやりなさい」

ある人は言います。「人がどう思うかは気になるよね。でも、本当の自分を裏切ることは出来ないんだよね」

私を殻の外に出してくれるのは、後者です。前者は正しいけど、そんなことは言われなくても分かっています。後者はその人の存在が私の力になります。

怖れている者(不安を認めたくない人)は強そうに見え、怖れを克服する者(不安を受容れる人)は弱そうに見えます。

怖れている人のアドバイスは力強く、小さなことを成し遂げるときに役立ちます。

怖れを克服している人(不安を共感できる人)の存在は、大きなことを成し遂げるときに役立ちます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
自分と向き合う
代理思考(怖れがつくりだす思考)

私が「怖れ」と呼んでいるものは、人が自分のネガティブ感情をないものとしようとする心理現象のことです。 …

心のトラブル対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

心のトラブル対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …