Facebooktwittergoogle_plus

アドバイスされるは苦手ですか? 教えてもらえるのは有難いこと。でも、嫌な感じがすることがある。

たまには我慢して、素直に聴いてみる。素直にならなきゃ、と頑張ってみる。

素直になりたいのであれば、素直ではない自分にハグ。今回は、そのための方法を。

あなたが受け取っているもの

「そうじゃない方がいいと思う。こうした方がいいよ」というのを、「アドバイス」と呼びましょう。

「それだったら、こんなやり方もあるよ」と選択肢を増やしてくれる。これを「情報提供」と呼びましょう。

善意か悪意かというのは、あまり関係なさそうです。

アドバイスは追い込まれる感じがして、情報提供は自由にしてくれる感じがします。アドバイスには評価(現状の否定)と指示(こうすべきだという指示)が含まれているようにあなたは感じています。

実践1:自分が情報提供されている場面を見つけてみる

初級は、なんでもかんでも有難がろうとするのではなく、有難がりやすいものを有難がりましょう。

ここで、注意点。「あの人はアドバイス屋だ」というように人単位で判断しないようにしましょう。それこそが、あなたが嫌っている評価(現状の否定)です。それをしてしまうと、あなたがアドバイス屋になってしまうのです。ここ、ダークサイドに落ちるポイントですのでご注意を。

実践してゆくと、アドバイスだけど情報提供とも受け取れなくもないケースがあることに気づくかもしれません。自分次第でもある。でも、無理していい子になるのではなく、素直に気づいてください。

素直に受け取れるものもある、というのが解るだけでも、えもいわれる怖れが少し解けます。

ちなみに、評価と指示なく情報提供のようなやりとりが可能になっているとき、人は「つながっている」と感じるようです。

あなたの中に起きていること

他人を分析する人に陥る前に、自分がアドバイス嫌いだということに気づきましょう。

「あの人はアドバイス屋だ」ではなくて、「私はアドバイスが嫌いだ」です。

実践2:アドバイスされたときに自分に起きている感情を見つけてみる

これも、すぐに出来る場合と、10年かかる場合があります。

自分が何かを怖れていることに気づいたら、それを受け容れます。(それが事実であることを認める)

受け容れるというのは、自分を責めるということではありません。(この勘違い、意外とあります。責めるのではなく赦すね)

受け容れるほどに、反応的にではなく、自然にアドバイスから距離をおくことができます。たとえば、軽く聞き流しながら、ちょっと参考にするといった感じになります。

「そんなの無理だーっ」

それを言う人は、実践2をやってない人ね。実践する前に解決しようとするのは諦めましょ。

実践1で光をつかんでおいて、実践2で闇を解きはじめます。

そして、いつの間にか、ちょっと良くなっている自分に気づきます。

「いやいや、私の闇は深いわー」「なんか根深いものがあるみたい」という方は、心理セラピー申し込んでいただいて、一緒にやりましょうか。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心のトラブル - 対処法
ちゃんと泣く

ネイティブアメリカンの儀式でも、心理セラピーでも扱われる原始的な感情について。原始的な感情である、「 …