心理セラピストに向いているのは

心理セラピー関連

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。

そもそもシャッターとは抉じ開けられないために作り出されているので。

それをさらに大きい力で抉じ開けようとするのが自己啓発プログラム。

心理セラピストの仕事もシャッターを開けること。それに向いているのはシャッターを開けることに喜びを感じない人。

シャッターが開かなくても許せる人。

シャッターが開かなくても許せるけど、自分はシャッターを開けたことがある人。

人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …