心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。

そもそもシャッターとは抉じ開けられないために作り出されているので。

それをさらに大きい力で抉じ開けようとするのが自己啓発プログラム。

心理セラピストの仕事もシャッターを開けること。それに向いているのはシャッターを開けることに喜びを感じない人。

シャッターが開かなくても許せる人。

シャッターが開かなくても許せるけど、自分はシャッターを開けたことがある人。

関連記事

  1. 「感じなさい」にもいろいろあります

  2. 自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

  3. 「心の悩み」「精神疾患」などの言葉

  4. 「変わる」というのは、今までの自分を赦すこと

  5. 治すことより大切なことがある場合

  6. 相談したいけど、秘密を話したくない。そんなとき探す相談相手は?

  7. ウーンデッド・ヒーラーのピアジェ風発達

  8. 精神力動アプローチは呪術儀式みたい!?