【体験談】「成功しなければ、生きてはいけない」 !?

Facebooktwittergoogle_plus

ビリーフチェンジ・セラピーでは、悩みのの根本原因や人生を制限するビリーフ(深層心理に刷り込まれた信念)を解消します。

ビリーフ解消の一例として、私の過去の体験談を書きます。

私がセラピーを受けて見つかったビリーフはこれでした。

「成功しなければ、生きてはいけない」

なんだか頑張りそうですね。ところが、これがあると死に物狂いで成功するかというと、そうとは限らないのです。

成功したい理由が生き延びるためなので、どんな「成功」をしたいのかが定まらないのです。

いろんな成功に興味は持つけど、どれも自分のものではない。そして、何かを成し遂げたり、褒められたりすると、しばらくして苦しくなる。

当時の私はこのビリーフが当たり前過ぎて、意味が分かりませんでした。「成功もせずに生きてよい? 」、さっぱり分かりませんでした。「生きてよいでしょう、私以外の人は成功してるから。でも私は許されないでしょう」と。

でも苦しいのは確か。分からなくても、セラピストに言われたセルフケアを続け、後にこのビリーフを解消しました。

実は「成功」は肝ではありません。「イケメン」や「貢献」に置き換えても同じです。このビリーフの大切なところは、「生きてはいけない」の部分です。

心身ともに成功している知人は、それはゲームのようなものだと言いました。成功している人達は、命がけというよりは、けっこうゲームのようにやっているのでした。

「失敗したら死ぬよ」はゲームじゃない。

そんな言葉が浮かびました。

「遊びじゃないんだ、真面目にやれ」のような言葉が出たら、自分や周囲を苦しくしてないか、ご確認ください。

人生を死なないゲームにする。大事な心の課題です。

 

関連記事
【体験談】希死念慮の解消とその後 私は深層意識を変える心理セラピーによって、ある時期発症していた「死にたい」(希死念慮といいます)を解消しました。生きることに抵抗がなくなり、死にたくなくなりました。それが土台となって、生き方も変わってきます。 希死念慮を持つ人は意外に多いですが、それを解消したくない人も意外に多いようです。そも...
【体験談】突破できない心の闇 心理セラピストは、セラピストである前に、心理セラピーのクライアントとして上手くいった経験が必要です。自分の気持ちやシャドウ(目を背けてきた心の闇)に向き合ったことのない人に、自分の気持ちに向き合うナビゲーションをされたくないですよね。 そこには、お勉強で得ることのできない体験があります。 ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 体験談・事例 タグ: , , , , , パーマリンク