「先生」という言葉

Facebooktwittergoogle_plus

推薦文を書いていただくと、「上野先生」という呼称が出たりします。

医師は先生という呼称が社会習慣となっているので、精神科医の方の推薦文が「上野先生」になるのは、そういう習慣によるものかと。しかし、ビジネス成功者の方までもが。

「先生」と呼ばれることを嫌がる人もいます。

それもわかります。

でも、まあ、あえて修正してもらわないのがいいかな、という直観もしています。

(ところで、「ははーん、先生と呼ばれてまんざらでもないのね」と思う人は、ご自身の中にそういう発想があるわけです。それはともかく・・・)

私がセラピーを学んだ協会でも、講師は「先生」と呼ばれています。

かといって先生が絶対に正しいと盲信されているとは限らず、「先生も人間だからさあ」なんて言われたりもしています。必ずしも盲信や権威を表すわけではなさそうです。

先日おじゃました経済団体でも、誰かが誰かを「先生」と呼ぶ光景がありました。それも、必ずしも目上ではない。

そこでは団結のようなものが表現されているように感じました。

もちろん、機嫌をとろうとして人を「先生」と呼ぶケースもありますし、自尊心の欠乏から「先生」と呼ばれたがるというケースもあります。しかし、そればかりではないようです。

何が起こっているかというと・・・・。

「先生」と呼ばれている側は、まあ、どうでもいいんですね。

「先生」と呼ぶ側の、「素直に学ぶぞ(経験させていただくぞ)」という気持ち(真剣な態度)が表れているようです。

呼ぶ側のための言葉なのかなと。

なので、あの先生たちはいちいち「先生と呼ばないでください」とは言わない。もぞがゆくても。

また、こういうのもあります。

実は以前にも、ある講師業の方の相談に関連して、「先生」という言葉の使われ方を調べたことがあります。

そのとき浮かび上がったことは・・・、

人は自分を理解してくれる人を「先生」と呼ぶ

ということです。

ん?

ということは、人は自分を理解してくれる人から学びたいということでしょうか?

とはいえ、社交辞令で何人もから「先生」と言われると、やっぱり勝手が悪かったりもします。ほどほどにお願いします。

関連記事
ネガティブかポジティブかではなく、本物かどうか... 本当の自分を生きたい? 本当に? 抑圧されたネガティブと、それを隠すためのポジティブやネガティブがあるとしたら。 あなたの望みは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本物のポジティブ。 そして、あなが怖れているのは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本...
セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?... セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分...
【雑談】台北(タイペイ)のダンスクラブは子供たちがたくさん... ずっとまえですが、台湾の台北(タイペイ)に旅行したときのこと。食事したレストランで働く青年に教えてもらい、現地のクラブ(ディスコ)に潜入しました。黒服の大男がIDチェックしていました。それとは知らずにパスポートを持参していなくて、同伴の知人が中国語で交渉してくれました。 クラブで遊んでいる客の...
ギブ・アンド・テイクでは、心の繋がりはつくれない... ギブ・アンド・テイクや自己犠牲では、心の繋がりはつくれません。 自己犠牲で心は繋がらない 自己犠牲を美化する心理は、「私には価値がある」などの見返りを強く求めています。 誰に対してかはさておき、フリーではなく、プライスレスの請求をしています。取り立てが滞ると、苦しさが生じるかもしれません。...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 雑談 パーマリンク