「お申込み」等の入力フォームが届かない不具合があった可能性があります。システム修正しましたので、返信が来ない等のお心当たりのある方は再送をお願いいたします。

専門家は当事者ほどPTSDを知らない

専門知識と「知っている」ではない

診断基準の内容を熟知して、診断ができるとしても、それはPTSDを知っていることにはならないと思います。

ある女子中学生が同級生たちに継続的に性暴力を受け続けて亡くなった事件がありました。

自殺に先立って精神科医からPTSDの診断を受けていたそうです。

PTSDになるということは、なんらかの事件に巻き込まれていると医師は知ったということです。

つまり、その医師は診断はしたけど、助けはしなかったわけです。

助けるというのは、安全の確保をするということです。どんな事件が起きているかわからなくても、診察室から出す前に、加害者から隙間なく守られる環境を整備するということです。

それはファースト・エイドの最初のステップが安全確保であるというような専門知識がなくても、PTSDがどういうものかを知っていればそうなるはずです。

つまり、診断できるということと、PTSDが何なのかを知っていることは違うわけです。

ちなみに、私はPTSDとの症状をいくつか経験したことがあります。それは疾患の症状を本で読んで学ぶのとは全く違います。それでも、十分に知っていないかもしれません。

また、この場合には重大な危害が生じているということが推察されます。

そうはいっても他の患者もいるし、現実的にはそこまで一人の患者を助けることを優先できないとの意見もあるでしょう。それはそうかもしれませんが、だからPTSDを分かっているということにはならないと思います。

PTSDを「知っている」とはどういうことか

もしその少女が生き残ってその人なりの回復を果たし、そして将来に医師になったとします。そこへ、同じような事情不明のPTSDと診断できる少女が受診したとしたら。おそらく、助けるでしょう。病院を臨時休業にしてでも助けるでしょう。

私のいう「PTSDが何なのか知っている」とは、そういうことです。

そういう意味では、精神科医に限らず、心理をほんとうに「知っている」心理専門家というのはあまり多くないと思います。

「見たことがある」は「知っている」ではない

私も心理セラピーのトレーニングの場で、PTSDのフラッシュバック反応や、それが癒されるプロセスを見学していました、私のクライアントも見ました。ですが、それでもPTSDがなんなのか分かっていませんでした。

自分に起きたことを思い出し、また改めて当事者として事件を経験して、はじめて自分がPTSDを知らなかったことに気づきました。

つまり、なにが必要であるか、当事者の視点で見ていなかったことに気づいたのです。

それまではある意味で事務的にクライアント達を見捨ててきたことに気づきました。それは手法トレーニングプログラムによって補われるものではないと思います。

ニュースなどでPTSDという言葉がお気軽に使われていますが、その言葉を使う殆どの人は何もしらずにその言葉を使っていると思います。

関連ブログ記事:ウーンデッド・ヒーラー(傷ついた癒し手)とヘルシー・ヘルパー(健康な援助者)

※当サイトの記事には私見や独自の経験的枠組みが含まれます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

\(^o^)/
\(^o^)/

- protected -