「性被害」の心理セラピー

Kojunのところで行われている性被害トラウマに関する心理セラピーを説明します。

※ショック反応がある方は無理して読まないようにご注意ください。

Kojunの性被害セラピーの対象

長期化する側面

性被害については、出来事からある程度年数が経過した心の傷を主に扱います。

「嫌いな人を拒むことが難しい」「好きな人に近づけない」「自分や世界に否定的」など、人生への影響、長期化しているお悩みを解決しようとします。

また、出来事に関して語ったりということがワークに含まれますので、ある程度の振り返る余裕が必要となります。(思い出すといっても、負荷をかけることを意図するものではありません)

※出来事直後の場合は、安全確保、法的な保護、身体に関する受診などを優先していただくことになります。また、広義PTSDのような反応はご自身を守るために必要なものという側面もありますので解き急ぐものではありません。

社会的/人間関係的な側面

広義PTSDを、「生物的な生理反応」と「社会的な反応パターン」で捉えるなら、上に挙げた悩みの例は後者の「社会的なもの」と言えるでしょう。これは地味なものですが、長く人生に影響している場合があります。

どんなことをするの?

ケースフォーミュレーション

自分をどのように守ってきたかを理解します。トラウマに感謝を覚えることさえあります。

多くの場合、ご自身の不適切行動のようなものは、自然な反応、必要な反応であったことを理解します。フリーズ、気持ちと逆の行動、本当の気持ちと逆の気持ち、などなどは正常な反応ということを知ることは第一歩となります。

また、ご自身にとっての大切なポイントを明らかにしてゆきます。苦しみの理由を明らかにすることは、よい目標を見つけることと重なります。そして、その大切なポイントによって、どのようなイメージワークをするのがよいかを検討します。

イメージワーク

未消化の恐怖を適切なペース消化します。また、具体的な動作や言葉によって、後述する境界線や自己肯定の修復を行います。必要に応じてプチ・ドラマセラピー(数秒間の演技体験)を少し取り入れます。

記憶に対する馴化、すなわち思い出すことに慣れるということを含みます。ただ思い出せというのではなく、境界線や自己肯定を使いながら安全に馴化し、馴化により境界性や自己肯定を可能にするというスパイラルを焦らずに育てます。

なにを目指しているのか?

人との繋がりとPTG

心の自由を求めて行う深層セラピーです。そこでは「男性に近づけない」というような症状というよりも、その人の中の心の問題を扱います。症状をなおすことよりも、「わたし大丈夫」の核を得るためのセラピーです。

その出来事よりも自分の方が大きくなり、それを超えた人生が始まるイメージです。

恐怖の完了

恐怖の感情について、身体が覚えている「こわい」を「こわかった」へと完了させてゆきます。これは「こわい」の意味を解きほぐしてゆく作業でもあります。必ず味方が必要となる作業です。

心理的な境界線の修復

怒ること、拒否する権利というようなものを心理的な境界線(バウンダリー)と言います。これが破壊されている場合には、これを取り戻すためのワークを行います。

これは加害者以外の登場人物と大きく関係している場合があります。

たとえば、「なにぃ! そんなひどいことをするのはどこのどいつだっ!」と立ち上がってくれるはずの男性(場の責任者、仲間や家族、教員)が「大袈裟にしないでおくれ」「きみの勘違いじゃないのかい」「自分から誘ったんでしょ」などと言って目を背けたことが二次外傷として強く刺さっていることがよくあります。ほんとによくあります。それは圧倒的な絶望のように心をつぶしています。それを見つけたならば、味方になる人(この場合は男性が効果的)がいるというイメージを体験する方法がトラウマ克服の糸口になることがあります。

実は心理セラピーに男性が立ち会うと効果的であることがあります。ちなみにKojunは痴漢を土下座させたことのあるダブルジェンダー(女性でも男性でもある)です。

上述の「認知を歪みではなくて、歪ませているもの」という観点でいうと、それは助けてもらえなかったたか、怒るはずの人が怒らなかったというのがそれです。そこを扱わずに認知の歪みを治すというのは、助けてくれなかった/怒ったくれなかった人たちになんだか似ています。

自己肯定の癒し

また、暴力を受けてしまった自分を許せないということが深く刺さっている人もいます。これは身を守るための防衛ともいえますが、それに気づいて自分を赦すというプロセスは下手な助言や共感が通用しない奥深いものです。これが心の傷の大切なところであったならば、セラピストがどれほど自分を赦しているか問われるものでもあり、他者が入ってはいけない心の部屋に他者が入ることで克服の糸口になることがあります。

置き去りにされた自分の救済

これらに共通するのは置き去りにされた自分に会いに行くというものです。

この深層セラピーはセラピストの生き様や相性が重要になります。たとえばKojunの場合は、性別両性なのでわりと女性被害者が相談しやすく、かつ上述の怒りのイメージワークで男性の役もできます。また世間から「あるまじき者」として白い目でみられた経験と、逆に大切にされた経験を併せ持つため、他者が入ってはいけない心の部屋に招かれやすいことがあります。また、セラピストが「克服した人たち」を何人か知っているというのも大切です(克服した知人がいない人の多くは「克服できるはずがない」と思い込んでいます)。

事件直後については、身体ケアや法的予防などのためにいくつかやることがあるので、支援団体への相談をお勧めします。参考:性暴力被害の相談

どんな変化があるのか

これは例にすぎませんが、このようなことが起こります。

  • なぜか自分がコソコソしてる ⇒ こそこそしなくなる(むしろ加害者がコソコソしてる感じがする)
  • いい感じの異性が近づいてきても反射的に冷たくしてしまう ⇒ 反射的に拒まず楽しめる
  • 強引な異性が近づいてきたときに、とっさにNoと言えない ⇒ 素早く拒むことができる(または寄せつけない)

※加害者が異性の場合

参考:性トラウマの克服のビフォー/アフター

Kojunセラピーでやらないこと

某団体の資料には認知行動療法、曝露法の提供が計画あれていましたが、Kojunはこれらを主なアプローチとはしません。部分的に似た要素が含まれることはありますが、基本的に「治す」「社会復帰を目指す」という観点ではないので。

認知修正を中心としていない

たとえば男性恐怖症になった場合、認知行動療法は「男性はすべて危険だ」という認知の歪み(自動反応的)を「すべての男性が危険なわけではない」と修正してゆくといったイメージになります。もちろん、それがクライアントの望みであれば、それもあり得ます。

しかし、セラピー等に通じている当事者は、「すべての男性が危険なわけではない」というように認知を修正するなんて言われると、「そんなことはわかっとるわい!」と思いませんか?

当事者視点で言えば、 認知の歪みを治してほしいのではなくて、歪ませてるものをなんとかして欲しいと思います。

※認知修正アプローチをベースとしながら、様々な要素を加えて奥深い癒しを提供しているセラピーもあり得ます。

暴露を中心としていない

曝露法もいろいろバリエーションあがるようですが、恐怖対象に近づいて恐怖反応を解消するというような方法です。男性恐怖症であれば、徐々に男性に近づいてゆくというようなイメージです。

症状をターゲットとするので、統計科学的検証がしやすいので、学者さんや医師さんたちに好まれているように思います。

Kojunのクライアントは年月をかけて、日常生活のなかで同様の実践が完了している場合が多いです。別の言い方をすると、暴露して、男性に近づけるようになったとしても、悩みが解決しないから相談に来ているわけです。

そもそも暴露法が性被害のセラピーにしっくりこないと思う点があります。それは、一般的な暴露法が「本来恐くないはずのものが恐い」(潔癖症、カマキリ恐怖など)に対して行われるのに対して、性被害は「本来恐くないもの」ではないからです。「こわがってもよい」という方が真実に近く、本当の癒しに通じる道が見つかりやすいように感じています。

ただ、暴露法の一種であるPEに関しては、男性に慣らすというよりは記憶に対して慣らしてゆくということを行います。そのような意味での慣らしはKojunセラピーの中にもあります。

それは恐怖対象に近づく練習ではなく、置き去りにされた自分に近づく練習となります。すなわち、自分へのゆるしが伴うということです。

それは「馴化」(ならす)と呼んで、「暴露」(さらす)と区別しています。慣れることは大いに結構ですが、慣らすために恐怖対象に近づけるということは主な戦術とはしないということです。

つまり「慣れたから楽になった」という解決像を目指しているわけではないクライアントのためのセラピーということになります。

参考:「恐怖症」の心理セラピー

Kojunが感じる難しさ

性暴力被害のセラピーの難しさは相談者がそのテーマ(セラピーの目的)をなかなか明示されないことです。言いにくいんです。

別件をテーマとした相談でセラピストとの相性を様子見るというのは良いやりかただと思います。そこで、暗にほのめかしたり、余談としてそのエピソードを話されたりするときに、トラウマ反応が出ることがあります。これは、心の奥で「このセラピストを信用してもよいのではないか」と思ったときに起こります。

ですが、セラピストは「頼まれていないセラピーを本人の意思に反して施してはならない」という契約の原則があります。つまり、本人が望んでいないセラピーはしないわけです。暗にセラピーを望んでいたとしても、セラピストに何かしてもらうことに心の準備ができていない場合もあります。ですので「性暴力被害の心の傷を癒すセラピーをしてみます」と本人の意思を確認できていない、しかし暗黙に意思表示されている(言いにくいからほのめかしている)という状態では、その反応を抑えるのか、セラピーガイドの機会とするのか判断が難しいのです。

セラピストではない支援者(福祉や教育の相談員など)の方には、そのような場合は現実の視覚や触覚を使って反応を抑えることをお勧めしています。ですが、セラピストを訪れてきている場合は相談者の真の目的がそのテーマのセラピーである場合もあるので、そのままセラピーする場合もあります。

Kojunは自身がデリケートな方でもあり、ご本人の意思確認に慎重な方です。

しかし、実際に事件(性暴力の現場)に出くわしたとき、ご本人の意思確認ができなくても私は介入(助けに入ること)をしてきましたので、その心をセッションにも取り入れてゆきたいと思っています。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -