泣き止むには、まず泣かないとね。

泣き止むには、
まず泣かないとね。

かつて自身のセラピーに没頭した頃、自分の中の何かが泣き止むという体験をしました。

泣きやんでみて、初めて悲しみがあったことが分かったのです。

それ以前に自分の中で何かが泣いているという感覚があったわけではないのよ。「泣いている感覚が無くなった」という体験ではなく、「泣き止む」という体験です。

そこで初めて、自分が悲しみを持っていたことに気づくけど、泣きやんだので悲しみの感覚はもう分からないのです。

悲しみの感覚が分からないくせに、「おー、これが悲しくないという世界かぁ」と新感覚を味わいます。

信じない人は信じませんが、いちおう書いておきましょう。

泣かない子供が幸せなのではない。

泣き止んだ子供になれ。

※注・自分に嘘ついていると、いくら泣いてもだめです。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
心の悩みの中の正常なパーツ

心の悩み、とくに神経症(広義トラウマ、恐怖症など)は解きほぐしてゆくと、正常な機能により生じています …

心理療法セラピー関連
原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。 誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。 …

心理療法セラピー関連
知識が少ないと知識を使いたくなる

知識が少ないと知識を使いたくなる。心理学を使って「すごーい、どうして分かるんですかぁ」と言わせる。そ …