泣き止むには、まず泣かないとね。

泣き止むには、
まず泣かないとね。

かつて自身のセラピーに没頭した頃、自分の中の何かが泣き止むという体験をしました。

泣きやんでみて、初めて悲しみがあったことが分かったのです。

それ以前に自分の中で何かが泣いているという感覚があったわけではないのよ。「泣いている感覚が無くなった」という体験ではなく、「泣き止む」という体験です。

そこで初めて、自分が悲しみを持っていたことに気づくけど、泣きやんだので悲しみの感覚はもう分からないのです。

悲しみの感覚が分からないくせに、「おー、これが悲しくないという世界かぁ」と新感覚を味わいます。

信じない人は信じませんが、いちおう書いておきましょう。

泣かない子供が幸せなのではない。

泣き止んだ子供になれ。

※注・自分に嘘ついていると、いくら泣いてもだめです。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …