「お申込み」等の入力フォームが届かない不具合があった可能性があります。システム修正しましたので、返信が来ない等のお心当たりのある方は再送をお願いいたします。

人を評価するとき、苦しみが隠れている

「人が間違っている。人が悪である。人が未熟だ」と評価するとき、裁くとき、

人を変えたいという気持ちが隠れている。

そのとき、「人が行動を改めてくれたら、人が考えを変えてくれたら、人が変わってくれたら、自分の苦痛が和らぐ」という、苦痛が隠れている。

「あなたは間違っている(変わるべきだ)」と言うか、

「私はあなたに変わってほしい」と自覚するか、

「私は苦しい」と自覚するか。

世間一般では、苦しみを隠すのが良いこととされます。

何度も言いますが、この隠す力が闇です。何度も言いますが、苦しみが闇なのではありません。

このことは、人生のある日を迎えるまで、見えない(たとえ説明されても理解できないか、記憶からすぐ消える)仕組みになっています。闇は闇を隠すします。それが闇だと分かれば闇が消えてしまうので。

自分の闇が消えるほど、自分の闇が見えるようになります。

なくなるほど、現れます。

「闇」もまた必要と思える日を迎えると、仕組みが変わります。

※当サイトの記事には私見や独自の経験的枠組みが含まれます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

\(^o^)/
\(^o^)/

- protected -