ドキュメンタリー映画『Girl Rising~私が決める、私の未来~』

今回は映画を紹介します。

『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』

途上国の子供の厳しい状況を、9人のドキュメンタリーで分かり易く紹介しています。

NPO活動の支援を求める目的の映画ではありますが、とても観る人のためになります。同情や罪悪感に訴える構成ではないです。過酷な状況にあって、いかに人は尊厳を持つのか、実例によって描かれています。サブタイトルの「私が決める」に注目してください。


あなたにも、辛い状況にあっても、捨てなかった何かがあるのではないでしょうか。

 宿命 = 変えられない偶然

 運命 = 変えられる必然

この映画では、過酷な宿命にあって、運命をあきらめない子供たちの心情がうかがえます。生い立ちは違えど、あなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか。

心理療法に「決断」という概念があります。どのように生きるかは選べるというものです。こういうのは説教されて納得するものではないと思います。心理セラピーは自分を苦しめる生き方をやめるための「決断」が発動できるように条件を整えるための心理ワークですが、その後でこの映画を観ると”あきらめなかった自分”が見つかるかもしれません。心理療法の「決断」のイメージに興味がある方は、こちらの記事をご覧ください。

【心理療法:事例】「なんで私がこんな目にあうのですか」をどうするか

 

クィアKojunの心理セラピー

殆どの方が1~3回のセッションで満足されます。 「その症状や行動の下に隠れた根本原因を解消する」ことを目指します。 ご利…

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。

CTR IMG