「なんで私がこんな目にあうのですか」

カウンセリングについての議論で、こんな話題がありました。

ひどく苦しい状況の人に、こう聞かれたら、どう答えるか。

「なんで私(だけ)がこんな目に会うんでしょうか・・・」

これ、お気持ちのよくわかる、大きなテーマ(問い)ですよね。

試練には意味を見出すアプローチ

「この試練には何らかの意味があるはず」(実際にはもっと優しい表現で)という答えもあります。

実際にそういいう哲学のカウンセリング手法があるようです。そのような言葉が多くの人の支えになっているようにも思います。

感情を扱うアプローチ

しかし、私なら・・・その問い「なんで私がこんなめに」に答えない・・・ことが多いです。

追記:この記事を書いてから数年後、わりと答えることもあります。意味と感情の両方を扱うようになりました。

「自分で考えてください」と言うのでしょうか。そうも言わないでしょう。

非指示・傾聴スタイルで、黙って聴くのでしょうか。でもないです。

では、どんなふうになるか。あくまで例ですが…

「なんで私がこんな目に会うんでしょうか・・・」

「なぜでしょうねぇ」

「・・・」

「・・・悪くない人がひどい目に会う・・・おかしいですよね・・・理不尽ですよね」

(中略)

この世の理不尽さへの怒りを出してもらいます。ある意味では、何を言ってしまってもいいです。

「ふざけんな!ふざけんな! ×○△×○×△○!!!」

(中略)

理不尽さを嘆き、泣いてもらいます。泣いている理由もわからないくらいに。

(この涙は、最初に苦しさを訴えるときの涙と違い、その人を強くします)

クライアントは顔を上げます。宙を見つめて(またはセラピストを見て)、

「・・・そう・・・理不尽なんですよ・・・

とつぶやく。

小さく頷き、「それでも・・・、この理不尽な世の中を私は生きる」という選択をします。そのような選択をした人たちの仲間入りです。

でも、試練には意味があると思う

後日、クライアントは「この試練には意味がある」と言い出すかもしれません。それは、そう思えるように生きていくという、その人の選択です。

セラピストは、その人がそこにいることに、すでに意味を感じています。

「意味がありますよ」と言ってさしあげると、クライアントから好かれるかもしれませんが、それはしないかもしれません。

追記:
このような意味を問うような苦悩は人間特有のもので、最近の生物心理社会スピリチュアルモデルという研究領域では、心理的苦悩とは区別され、「精神的・実存的な苦悩(スピリチュアルペイン)」と呼ばれています。

追記:
見様見真似でやみくもに感情を出させるのが流行りました。そして今度は逆に感情を出すセラピーをやみくもに否定したりするのが流行ったりしているようです。どちらもクライアントから遠いところにいる感じがします。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -