自由を使わずに自由を手に入れることはできない

自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。

心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。

そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、「あなたは価値のない人間だ。人目を気にして生きろ」と言うことも、自由に選べます。

この自由を使って自分を幸せにする選択をする人には、さらなる自由が得られます。

自由を使って自由を増やす。それは資本の運用のようなものです。セラピストはその元手となる最初の小さな自由へガイドします。

過去を変えようとせず向き合った場合だけ、未来を選択することが可能になりす。

過去の自分や真実を受け入れない人は、自分に対して「不幸になれ」と言い放ちます。

過去の真実を受け入れた人は、自分に対して「幸せになれ」と声をかけます。

どちらを選ぶ方もいます。

この選択をセラピストが代わりに行うことはありません。ご自身で選んでいただき、それを見守ります。ご自身で選ばなければ、それは自由ではありません。

本人が選んだとおりの未来へ向かいます。

自分で選ぶ(自由を使う)人にのみ、自由は実現します。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …