自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

自分を客観的に観ることができないのは、主観的に自分の感情・怖れ・欲求を観ることができないからです。

自分のサービスを押し売りしているのか、遠慮しすぎているのか、不思議なくらい客観的に見えません。そんなにまくしたてたら、相手が嫌がるのは当たり前、そんなことが見えません。強く勧めると客が逃げるなどのこの手の相談には、共通のパターンがあります。

Prepare fot breaking patterns.

それは、売ることを焦る本当の理由を自分に隠して、「このサービスで、こんな人たちの役に立ちたい」などと偽の理由を立てているから。偽の理由が本当であることを説明したくなるなら、このパターンにはまっている可能性は高いです。偽の理由は本当の事かもしれませんが、それが本当であったとしても偽であることには変わりありません。

状況を客観的に見るのをやめないと、自分を見ることはできません。

自分に騙されるのは、自分を見捨てているからです。

自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

Meet yourself.

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …