近年「自己肯定感」という言葉が流行っているようですね。いろんな意味で使われているようです。ここでは、心のケアの観点から、心理セラピーで扱う自己肯定感を前提に書いてみます。

「俺は自己肯定感は大丈夫です。こうみえてプライド高いので、人から悪口言われたら、すぐ言い返します」

と言われいるのを聞いたことがありますが、これはありがちな誤解をよく表しています。

自己肯定とは、他者から認められなくても自分にOKを出せることをいいます。

なので、自己肯定感があれば、悪口を言われても反射的に言い返す必要がありません。

実際の世界でちょっとややこしいので、本質をつかんでおかないと混乱します。

自己肯定感がなさすぎて言い返すこともできない、という場合もあります。なので、上記の丸暗記ではなくて、その意味を捉えておかないと、何が起きているか分からなくなります。

また、他者から認められなくてもOKなのが自己肯定感ではあるのですが、他者から認められることで自己肯定感が高まるということはあるかもしれません。

ただし、「○○だから、あなたはOK」というような条件付きの称賛に頼っていると、自己肯定感を失うことがあります。

「頭がいいから、私はOK」を支えにしていると、時代が変わって若者に抜かされたり、新しいステージでそれまでの知が通用しなくなったときに心が折れます。これが自己肯定感の不足という心理的な問題です。

「高収入だから、私はOK」だと、実力や夢があっても環境を変える勇気は持てません。これも、自己肯定感の不足という問題です。

失敗したとき、人から理解されないとき、劣る自分と向き合うとき、自己肯定感が試されます。

そういう意味では、「自己受容」という言葉の方が分かりやすいかもしれませんね。でも、それはまさに「肯定感」というに相応しい、力強い何かでもあります。

「自己肯定感がある(足りてる)」のと「プライドが高い」は、どちらかというと真逆なのです。

プライドが高い人に条件付き称賛を与えると、一時的な安心を得るかもしれませんが、自己肯定感は育まれません。

「親が自慢できるいい子」もですね。

プライドが高い人は、それゆえに頑張れているのかもしれないし、それゆえに人生の足枷をとっているのかもしれない。

その人にとってどうなのかが大事。

心理セラピーという場では、自己肯定感を取り戻すことで幸せになることが多いです。

ボクシングの試合前は、自己肯定感を取り戻さない方がいいかもしれません。

しかし、自己肯定感は、人間関係、誰と仲良くなるかに大きく影響すると思います。

また、自己肯定感がないと、人の自己肯定感を育めません。なので、セラピストは自己肯定感がある方がよいです。つまり、優劣のプライドは高くない方がよさそうですね。(テンションが高いとか、悩みがないとか、雰囲気が明るいとかではないですよ。念のため)

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …