アセクシャルと「好き」

アセクシャルと言われる人たちは、性欲がなかったり、セックスに嫌悪感があったりします。

そのことと、愛がないことは、別のことで、セックスレスな夫婦関係はあり得るようです。

(性欲は感じないけど、恋愛はするという場合は、ノンセクシャルと言ったりもします)

アセクシャルはLGBTよりも多いとも言われています。

性的な嫌な経験のために、セックス嫌悪になった場合については、それをセラピーで解いて幸せになるという可能性もあります。

どうしたいかは、ご自身がご存知のことですが、アセクシャルはあまり珍しいものではないということは知っておいてもよいかと思います。

また、アセクシャルの人とお話すると、人間が嫌いなわけではなく、恋愛や性的ではなく「好きな人」はあると思い当たることもあるようです。

その場合、「憧れ」のような意味で好きになるとよく聞きます。

ちなみち、アセクシャル以外の人でも、「好きな人」について話してもらうと、それは自分がなりたい人物像であることに気づかれることがよくあります。

ヘテロセクシャル(異性愛者)の場合は気づきにくいですが、万人に同じようなことが潜んでいるかもしれません。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
「性的マイノリティの心理支援」という差別目線

私も心理職ではありますが、「性的マイノリティの心理支援」という言葉には違和感を感じています。 性的マ …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
レスリー・キー氏の撮影に参加してきます。

撮影の日程が決まりました。私も「OUT IN JAPAN」プロジェクト、LESLIE KEE 氏によ …

体験談・事例
性トラウマの克服のビフォー/アフター

トランスジェンダーの苦労話というと、差別されることを思い浮かべるかもしれませんが、けっこうあるのがセ …